2012年03月27日

「死の危険」にあるパレスチナ人ハンガーストライカーが行政拘留の不正に光を当てる

2012年03月23日

イスラエル政府当局は、パレスチナ人拘留者を直ちに解放するか、彼女を承認し得る刑事犯罪で告発し敏速に裁くべきであると、アムネスティ・インタナショナルは、女性がハンガーストライキ37日目となる拘留で死に得る恐れの中、語った。

西岸北部、ブルキン村のハナ・シャラビー、30歳は、申し立てによると、イスラミック・ジハード運動に加わるが、刑事犯罪で告訴されることはなかった。

彼女は、火曜日夜、イスラエル中央の町、クファル・サバのMeir病院に移送されたが、イスラエル拘留にあり、常態的武装監視の下にある。

アムネスティ・インタナショナル中東・北アフリカ副代表、アン・ハリソンは語った:

「彼女の弁護士と独立系医師が、彼女へのアクセスを与えられたとき、ハナ・シャラビーは、イスラエル刑務所行政が、彼女を病院や軍事法廷に移送する場合、暴力的に扱い、一貫してハンガーストライキを終了するよう圧力を加えてきたと報告した。

「アムネスティ・インタナショナルは、イスラエル政府当局に、彼らが、国際的に承認し得る刑事犯罪で速やかに告訴し、国際的に適正な裁判基準に従って審理するのでなければ、ハナ・シャラビーと行政拘留に捕らえられている他のパレスチナ人を解放するよう要求する」。


(略:イスラエル軍令に定める行政拘留、ハナ・シャラビーの逮捕の経緯、食糧強制注入に対する違法性など、かつての記事で説明し尽くされているので。)

国際的・地域的組織により、繰り返し要請しているにも拘らず、彼女の家族は、訪問許可をまだ受け取ったことがない。彼らは、2月16日、彼女の逮捕以来、彼女に会っていない。

(略:人権医師団による彼女の危険な状態の報告、14kg失ったことなど)

アン・ハリソンは付け加えた:

「彼女が拘留され続けるなら、彼女 - そして行政拘留政策に反対の抗議で彼女のハンガーストライキに加わる他のパレスチナ人拘留者すべて - が、常に人道的に扱われなければならず、医師と患者のプライバシーを尊重することを定め、独立系医師による、治療への常態的アクセスを受けるのでなければならない。

「拘留者は誰も、ハンガーストライキをするとの決定により、いかなる方法でも処罰されるべきでない。イスラエル政府当局は、ハンガーストライキする拘留者すべてが、人道的に扱われ、弁護士や独立系医療専門家へのアクセスを与えられることを保証しなければならない。


(略)

全文:amnesty.org.uk


posted by mizya at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。