2012年03月28日

ベドゥイン追放イスラエル計画 - グリーンラインの内と外で

エリアCからパレスチナ・ベドゥインすべてを追放するイスラエル計画
2012年03月26日

ナザレ (PIC) -- B'Tselem人権センターは、イスラエル支配下にある西岸のエリアCから他のエリアに、パレスチナ・ベドゥイン・コミュニティを追放するイスラエル計画を明らかにした。

センターによれば、これらベドゥイン・コミュニティは、27,000人で構成され、イスラエル占領当局 (IOA) は、この年に、彼らをその家から排除し始めるだろう。

それ(B'Tselem)は、イスラエル軍民事行政が、この計画の第1段で、パレスチナ・ベドゥイン2,300人ほどに、マアレ・アドミン入植地近くの彼らの家から、被占領エルサレムの東、アブディス村に隣接する空き地への移動の強制を目論むと付け加えた。

次の過程は、3から6年の期間内で、ヨルダン渓谷のベドゥイン・コミュニティすべてを追放することを目指すと、B'Tselemは確言した。

原文:The Palestinian Information Center

国連委員団がイスラエルに「人種差別的」ベドゥイン移送計画棚上げ促す
2012年03月26日

国連委員会は、「ネゲヴのベドゥイン定住規制法」は、差別的で人種差別慣例を合法化するだろうと語る。
Dana Weiler-Polak

国連委員会は、現存のベドゥイン・コミュニティ、ネゲヴに住むベドゥイン30,000人を常置に移動させるイスラエル法案の撤回を要請した。

人種差別撤廃委員会によれば、「ネゲヴのベドゥイン定住規制法」は、差別的で人種差別慣例を合法化するだろう。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。