2012年03月29日

ガザの医師たちが電力危機解決をカイロに促す

2012年03月26日

ガザ、(PIC) -- ガザの病院で働く多数の医師、医療補助員、救急隊員は、大きな人道的悲劇を脅かす電力・燃料危機を終らせるため、ガザ回廊に燃料を送り込むよう、カイロに求めた。

その呼びかけは、ガザとエジプトの間のラファ国境検問所の門で行なわれた座り込みで言葉にされた。

フアド・ナジム博士は、ガザへの封鎖を終了し、とても必要とされる燃料を供給するようエジプト政府当局に求め、医療業務を代表してスピーチした。「ガザは別の惑星にあるのでない」。

彼はまた、赤十字、世界保健機構、人権集団に、燃料の欠乏と繰り返される停電で切迫した死の危機にあるガザの患者救援に急ぐよう求めた。

原文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:ガザ燃料危機により救急車・ベーカリーに打撃(03月27日)


 このようなアピールを何千回繰り返したなら、国際社会は動くのだろう、ガザ解放に向けて。


posted by mizya at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。