2012年04月02日

赤三日月医療チームが西岸で抗議者339人を治療

2012年03月30日金曜日

169992_345x230.jpg
医療チームが、ラマッラ、カランディア検問所での「土地の日」を記すデモンストレーションで、抗議者とイスラエル軍の衝突で負傷した抗議者を運ぶ、3月30日。 (Reuters/Darren Whiteside)

ベツレヘム (Ma'an) -- パレスチナ赤三日月は、「土地の日」を記す西岸中での抗議行動で、金曜日、抗議者339人を治療したと、報道官は語った。

1976年、ガリラヤでのイスラエルによる土地没収に対するデモンストレーションで、イスラエル軍により殺されたパレスチナ人6人を、抗議者が追悼して、5人が重傷、55人が入院したと、ムハマド・アイヤドは、Ma'anに語った。

ベツレヘムの3人が、深刻な負傷を負い、そのひとりは、催涙ガスキャニスタで顔を撃たれた。エルサレムの抗議者が、ゴム(皮膜金属)弾であごを撃たれ、カルキリヤ近く、カフル・カッドゥムで、抗議者が、催涙ガス弾で骨盤を撃たれたと、アイヤドは語った。

最も大きな集会が、ラマッラ近くの検問所、カランディアで開催され、負傷して249人が治療を受け、20人が入院した。

アイヤドは、イスラエル軍が、抗議で、医療チームの9人を負傷させ、救急車3台を破損したと語った。

イスラエル軍報道官は、軍が、石を投げる抗議者たちに、ゴム(皮膜金属)弾、催涙ガス、悪臭化学薬品水を発砲したと語った。

同様の対決が、ベツレヘムの検問所で発生し、アイヤドは、医療チームが、入院した11人を含む38人を治療したと語った。

エルサレムで、医療チームは35人を治療、そのうち19人が病院に移送された。同時抗議行動で、ナブルス近くのイラク・ブリンで4人が入院し、カフル・カッドゥムで13人が負傷した。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。