2012年04月02日

親-パレスチナ、反戦候補者が議会に戻るとき、英国選挙が呆然の狼狽に遭遇

Sanya Khetani|2012年03月30日

george-galloway-bradford-mp.jpg
ジョージ・ギャロウェイ (Wikimedia Commons/David Hunt)

英国労働党はたった今、大規模な打撃を加えられた。

彼らが、保守政権の予算、続く燃料恐慌とストライキの脅威の取り扱いを自慢してきた一方で、元党員で現在革新尊重党(昨年、選挙で第5党になった)指導者、ジョージ・ギャロウェイが、労働党が過去40年間保持してきた議会議席を、エド・ミリバンドの鼻の下から強奪したと、ガーディアンは報じる。

ギャロウェイは、下院補欠選挙で、8,201票のみ獲得し得た労働党第2席を阻止して、18,341票 -- 得票差10,140票 -- を確保したと、 Daily Mailは報じる。「それは、ブラッドフォード・ウェストの労働党にとり信じられないほど失望させる結果で、わたしたちは起こったことの教訓を学ぶと決意する」と、ミリバンドは語った。

(略)

他方、ギャロウェイは大喜びだった。「神の加護により、わたしたちは、英国政治史で最も驚異的勝利を勝ち取った」と、彼はツイートした。

ギャロウェイの圧勝は、ブラッドフォードのかなり大きいアジア・ムスリムの存在に訴えたかもしれない彼の親-パレスチナ・反-イラク戦争の姿勢故であり得る。これが事実なら、ギャロウェイは、ムスリム候補、イムラン・フサインで試合に出た労働党よりはるかによく演じた。

(略)

全文:Business Insider Europe

アーカイヴ:ギャロウェイが「二重基準」で西側を酷評(2010年08月11日)


posted by mizya at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。