2012年04月05日

シャラビー:流刑者でなく、ガザ家族の中に

2012年04月02日月曜日

170395_345x230.jpg
元ハンガーストライカー、ハナ・シャラビーは、43日間のストライキ終了取引で、日曜日、ガザに解放された後、友人や愛するものたちの中にあるので、自身をガザへの流刑者と看做さないと語った。(MaanImages)

ベツレヘム (Ma'an) -- 元ハンガーストライカー、ハナ・シャラビーは、刑事告発なき彼女の拘留を終了する取り引きの下、ガザ回廊に到着した一日後、月曜日、自身を流刑者と看做さないと語った。

ガザで「わたしは、家族と愛する人びとの中にあって嬉しい」と、彼女は、ガザ市のシーファ病院からMa'anに語った。

ジェニンのシャラビーは、家に戻る前、3年間、ガザに送られるとする、イスラエル当局との取り引きに達し、木曜日、43日間のハンガーストライキを終了した。

彼女は、日曜日、様々な党派による公式歓迎でガザに到着し、病院に移送され、もはや生命に危険はないと、診断された。

人権集団は、彼女の取り引き条件を酷評し、赤十字国際委員会は、イスラエルに「別の領域に、パレスチナ人を強制的に移送する動機が何であれ、イスラエルに禁止する国際人道法に従うよう」促した。

アッダミールと人権医師団 - イスラエルは、威圧として使用された、親族訪問の妨げに加えて、医師や弁護士へのシャラビーのアクセス制限を、彼らが懸念すると、共同声明で述べた。

170410.jpg
日曜日、ガザ市のアッシーファ病院に運ばれるハナ・シャラビーを取り囲むメディアクルー。(Reuters/Mohammed Salem)

シャラビーは、月曜日、Ma'anに、イスラエル政府当局が、刑事告訴なき拘留に対するハンガーストライキを止めさせるため彼女を恐喝するのを試みたが、これら努力に抵抗するため、彼女が、元ハンガーストライカー、ハデル・アドナーンから強さを引き出したと語った。

彼女は、ストライキ中支持してくれたパレスチナ人と「世界の自由の人びとすべて」に感謝を表明した。

「わたしは、わたしを支援し、わたしの問題に共鳴した人びとすべてに感謝する言葉を見つけることができない」と、シャラビーはMa'anに語った。

(略)

シャラビーは、回復するまで、病院の栄養学専門家集団に監視されている。医療関係者は、彼女の状態が安定しているが、医学的用心のため数日間病院に留まるだろうと語る。

シーファ病院院長、ナセル・アッタタールは、シャラビーが著しい体重減、低血圧、腎臓機能低下を抱えていると、Ma'anに語った。

全文:Ma'an News Agency


 ハナ・シャラビーをガザに追放するとのイスラエルの条件に対し、西岸では抗議行動が展開された。「3年」の条件で、西岸からガザに追放された元囚人たちの中からも、「3年の期限をイスラエルは守ることがない」と、実際、3年が経過しても、西岸に戻る許可をイスラエルは認めないと、その条件を受け入れないよう求める声も聞かれた。ガザに追放されようとも、イスラエル占領軍の拘束の下にあるよりは、死に直面する、あるいは強制的食糧注入(カテーテルを誤ってか故意にか、肺に注入され肺炎で命を落としたハンガーストライカーも少なくない)に直面するハナ・シャラビーにとって、「よりよい」状況だったに違いない。


posted by mizya at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。