2012年04月06日

国連調査は西岸をイスラエルの手から取上げなければならない

2012年03月31日

西岸が他の民衆に属し、その土地が、ユダヤの民主国家に利用可能でないと理解するため必要とされる国連調査委員会はない。
Haaretz社説

入植地を調査する国連人権協議会の決定を妨害するその手法から、政府を外すことはいわれないことでない。

金曜日、Akiva Eldarにより、Haaretzで明らかにされた、入植地に「利用可能」の土地の地図は、連続するイスラエル政権(複数)が、イスラエルと並ぶ持続可能なパレスチナ国家設立を望むと吹聴してきた一方、この解決を妨害する経済的努力や法的創造性を、彼らが惜しみなく使ってきたと示す。

地図は、何十年間も、(イスラエル占領軍)民事行政が、時代遅れのオスマン帝国法が「国有地」として定義した西岸の土地を、求め計画してきたことを示す。この土地の多くが、入植地や違法前哨基地でさえ、設置するために利用されてきた。

(略)

620,000ドゥナム、あるいは155,000エーカー(西岸のおよそ10パーセント)に及ぶ569用地を含む、土地の蓄積の殆どは、分離フェンスの東で、イスラエルが、パレスチナとの最終地位協定で、併合を望む「入植地区画」である。パレスチナ自治政府に、エリアAとBに於ける民事業務に関する支配を与えた、暫定的オスロ第2合意以来、(イスラエル占領軍)民事行政は、イスラエルの完全支配下にあるエリアCでのみ、前哨基地と界隈(ユダヤ人が好んで使う入植地の別称、neighborhood:訳注)を「合法化」する一方、土地を地図にしてきた。

3エリアへの区分は、一時的取り決めと意図された。しかし、連続するイスラエル政権(複数)は、エリアC - 西岸のおよそ60パーセント - を、イスラエルの不可分の一部として扱ってきた。(イスラエル占領軍)民事行政、イスラエル国防軍、国家検察当局は、このエリアに住むパレスチナ人の制限を可能にするすべてをしており、ミグロンの事例でのように、入植者らによる法律違反に向け、あまりにも寛大だ。

どんな事例でも、西岸が他の民衆に属し、その土地が、ユダヤの民主国家に利用可能でないと理解するため必要とされる国連調査委員会ない。

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:報告:イスラエルがMigron前哨基地のための新入植地承認(02月15日)


posted by mizya at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。