2012年04月07日

ヴィデオ:リフタの家族の闘争

2012年04月04日水曜日
HAMAABARA

エルサレム、リフタ地区の13家族は、立退命令を受け取った。過去60年間そこで生きてきた後に、イスラエル国家は今、彼ら自身の家への「侵入者」と彼らに宣告した。

Lifta.jpg
リフタ (Photo: Elena Viola, AIC)

この地区の物語は、(1967年まで地区と並んで境界があったとき)何年もそして最終的に地域の犯罪的無視、彼らを不法居住者と主張して、彼らの家から追放する企てで、地区住民の基本的権利の悪意ある踏みにじり、非人間的状態で、ここに(中東あるいはムスリム国家起源の)ミズラヒ・ユダヤ人の入植を人間の盾として、1948年にリフタの元来のパレスチナ住民追い立てで始まった、イスラエルの邪悪な意図的差別政策のもうひとつの章だ。

これは、集落の残りを破壊し、独占的分譲アパートと高価な商業センターを建設する計画に対する、より広いリフタ闘争の意義深い重要な部分だ。

HaMaabaraでより詳細を:一時収容ウェブサイトはここ(アラビア語/ヘブライ語/英語)

(Film by Amit Hai Cohen)


原文:AIC

アーカイヴ:AICVideo:新リフタ(03月18日)


 1948年、イスラエル建国で、リフタ住民は家屋を一時的に離れるよう強制されたが、二度と戻ることはできなかった。上の写真が、そのリフタ村の美しい建築群だ。戻ることを許されず住んだところが、アーカイヴ記事のヴィデオにある新リフタである。上の記事は、リフタ村を失った1948年以来、60年間住んできた、いわば、難民キャンプ、新リフタから、またも追い立てられようとしている、新たな追放物語、追放の第2章、ということらしい。


posted by mizya at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。