2012年04月10日

イスラエル軍が西岸の村を襲撃、未成年者を逮捕し、金の装身具を盗む

アレックス・ケイン
2012年04月06日

イスラエルに関するウィキリークス文書の最も重要なひとつは、2010年2月のイスラエル・米国軍の会合、イスラエル防衛士官、アモス・ギラードが「我々は、ガンジーをとてもよくは演じない」と語るのを記述する電信だ。

ギラードは正しい。西岸の村、クフル・カッドゥームに対する昨晩のイスラエル軍の弾圧は、イスラエルがパレスチナの民衆抵抗運動にどのように対処するかの最新の例に過ぎない。イスラエル国防軍 (IDF) は、入植地と分離壁に抵抗する西岸集落を慣例的に襲撃し、抗議リーダーを含む住民を逮捕し、嫌がらせし、殴る。

民衆闘争調整委員会 (PSCC) によれば、クフル・カッドゥームは、過去9ヵ月、入植地侵略に対してデモンストレーションする、民衆抵抗闘争に新たに加わった村のひとつだ。昨夜、IDFにより、村の20人が逮捕された。この襲撃は、IDFが2歳を逮捕しようと企てた、村への月曜日の襲撃の数日後に起こる。

PSCC声明はさらに:

襲撃された家のいくつかは、捜索され、その内部に広範囲な破損を残された。兵士らは、息子、サブリが拘束されたアッタ・ステイウィが所有する家屋から、何千シェケルと見積もられる金の装身具を略奮することにまで及んだ。

逮捕された中に、未成年者3人 - 16歳ひとり、17歳ふたり - 同様に、村の民衆委員会メンバー、リアド・ステイウィもいる。

Ma'anニュースもまた、襲撃について報じた。

2週間前、イスラエル軍用犬が、村の抗議者たちを追いかけ、デモンストレータ、アフメド・ステイウィを負傷させた。

クフル・カッドゥームの民衆闘争リーダーは、彼らがイスラエルの抑圧に屈するつもりはないと語る。彼の息子を逮捕する企ての後、村の民衆闘争リーダー、ムラード・ステイウィは、The Electronic IntifadaのLinah Alsaafinに、軍が「この離れ業を通し - 達せられようと達せられまいと - わたしたちへの懲罰としたかったとしても、現実は、わたしたちの抗議を思いとどまらせないであろう」と語った。

原文:Mondoweiss


posted by mizya at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。