2012年04月14日

親パレスチナのイスラエル人がIOF(イスラエル占領軍)に加わるのを拒否

2012年04月11日水曜日
PNN and Refuse to Occupy

親パレスチナのイスラエル人活動家ふたりが、月曜日、イスラエル軍事基地の入隊事務所に行き、イスラエル軍での服務拒否を宣言するだろう。

Noam GurとAlon Gurmanは、イスラエルが占領勢力であるという理由での徴兵拒否で、彼らが、逮捕・投獄に直面するだろう、テルハショメル軍事基地に到着するだろう。

彼の拒否宣言に、Gurmanは、「占領とアパルトヘイトへの参加を拒否することに加えて、わたしのイスラエル軍での服務拒否は、イスラエル政権下で生き、自由・公正・平等のため闘うパレスチナの友人たちへの連帯行為である」と書いた。

彼女の拒否宣言に、Noamは、「わたしは、設立されて以来、その支配下にある民間住民から略奪し威嚇して、もうひとつの民族の支配に没頭してきた軍に加わることを拒否する」と書いた。

(略)

全文:Palestine News Network


posted by mizya at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。