2012年04月15日

イスラエル拘留でアブハディードの生命危機

2012年04月12日

アルハリール、(PIC) -- 60歳のフセイン・アブハディードの生命は、イスラエル行政拘留で危険に瀕している。彼は、先月の逮捕以来、ラムレ刑務所病院にいる。

人権情報筋は、水曜日、アブハディードがしばしば意識を失い、そうしたケースのひとつで、彼の心臓が鼓動を止める可能性があると語った。

彼の家族は、電話での接触でPICに、イスラエル占領当局が彼の生命に責任を負うものであり、アブハディードの健康状態は拘留に耐えないと語った。

家族は、彼が過去に、米国で手術して、心臓の鼓動を制御するバッテリーを据え付け、定期的に充電する必要があると思い起こさせ、彼の生命を心配していると語った。

イスラエル占領軍 (IOF) は、201(おそらく2012)年3月27日、自宅でアブハディードを逮捕し、彼の手と足両方を拘束して、彼の意識を失わせた。

アブハディードの息子のひとりは、1994年、IOF兵士らの手で殺され、一方、もうひとりは、2010年以来、行政拘留で捕われており、3番目もまた、2010年以来、パレスチナ自治政府の刑務所に捕らえられている。

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。