2012年04月17日

「パレスチナにようこそ」:イスラエルに共犯する航空会社 - 2題

報告:英国航空会社がパレスチナに旅する女3人を妨げる
2012年04月14日土曜日

ロンドン (Ma'an) -- 英国航空会社、Jet2.comが、被占領西岸に旅する計画の英国女性3人の飛行チケットを取り消したと、金曜日、英国メディアは報じた。

先に、ドイツ国営航空、ルフトハンザが、日曜日に始まる西岸を訪問するプログラムへの参加を署名した多くの乗客を取り消したと、主催者は語った。

Jet2.comは、イスラエル当局が、航空会社は罰金と追放のフライトを支払わなければならないだろうと述べた後、マンチェスターの女たちに、彼らが旅行を許可されないだろうと通知するため、電子メールしたと、英国日刊紙、Guardianは述べた。

ルフトハンザ報道官はまた、会社が、乗客を飛ばせないイスラエルの指令に従っていると、AFPに伝えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

ルフトハンザが活動家のイスラエルへのフライトを取り消して後の憤激
2012年04月13日金曜日

ドイツ航空が、被占領地へ/からの移動制限に光を当てるキャンペーンの一部として、活動家の多くに、今週末、イスラエルに飛ぶのを禁じて批判されてきた。

ルフトハンザが、「パレスチナにようこそ」と名付けられた大規模フライ・インの一部として、日曜日にテルアヴィヴに飛ぶ予定だった多くの人びとのチケットを取り消したと、金曜日、主催者は語った。

「4月15日日曜日にテルアヴィヴに旅する航空券を買った乗客の多くが、木曜日、ルフトハンザにより、彼らの予約はイスラエルの要請でキャンセルされたと通知された」と、「パレスチナにようこそ」集団は声明で述べた。

「ルフトハンザのフライトの乗客は、いかなる違反も犯しておらず、パレスチナ民衆の監禁に共謀する政権に好まれる、これらマフィア手法を受け入れない」と、それ(声明)は付け加えた。

飛行を禁止されたそれら多くは、決定を争う計画と、声明は述べた。

(略)

全文:alakhbar


 イスラエルがこれほど必死にフライ・インを阻止しようとしなければ、このようなニュースになることもない。イスラエルはどちらかというと、自らの暴虐を宣伝したいのではないか。「自虐」的といっていいか、あまりいい趣味とはいえない。


posted by mizya at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。