2012年04月21日

ユダヤ人入植者らが自宅のパレスチナの男を殴る

2012年04月18日水曜日

西岸の町、ヘブロンのパレスチナ男性が、火曜日遅く、ユダヤ人入植者何人かに彼の自宅で殴りつけられ、重傷を負ったとパレスチナ医療筋は語った。

41歳のマルワン・ブルカンを病院に運んだ救急隊員によれば、「(イスラエル人)入植者何人かがやって来て彼の扉をノックし、ヘブロンのこの家で彼を殴りつけた」と、彼はAFPに語った。

ブルカンは、ヘブロン郊外、6,500人ほどの違法キリヤトアルバ入植地の隣の家に住むと、救急隊員は語った。

パレスチナ人が、ブルカンの家の外での抗議に集まったとき、イスラエル兵らは、群衆を分散させるため催涙ガスを使用したと、彼は付け加えた。

被占領地で最も大きな都市、ヘブロンで、パレスチナ住民19万人と、都市中心の飛び地に住む違法ユダヤ人入植者600人ほどの間で、緊張が高まる。

イスラエルは、先住パレスチナ人に過酷な制限を課す一方、ユダヤ人入植者らに特権を与え、西岸の軍事占領を維持する。

パレスチナ人は、入植者らと同様イスラエル軍により頻繁に嫌がらせを受け、攻撃され、彼らの苦境に注意を喚起する国際キャンペーンを引き起こす。

パレスチナ人を攻撃する入植者らは、イスラエル当局により、殆ど罰せられない。

西岸のイスラエル入植地は、国際法下、違法と考えられている。

原文:alakhbar


 マメというか、誰かを殴ろうとのこのこ出かけていくなど、相当ヒマでなければ思いつかない。被占領パレスチナ領域へのユダヤ人入植を進めるため、手厚い政府の援助があるのだろう。日々の生業のために労働するなら、徒党を組んで殴りに出かける時間などあろう筈もない。ヒマを持て余しているとして、パレスチナ人を殴ること、パレスチナ人から盗むことぐらいしか思いつかないのだろうか?
posted by mizya at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265837209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。