2012年04月21日

IDF暴力に関して:わたし個人のShalom Eisner中佐

2012年04月18日水曜日|Haggai Matar

ほぼ3年前、わたしもまたデモンストレーションで、ひとりのShalom Eisnerに会った。彼は、理由ない殴打で、わたしの頭に深手を負わせた。そのときもまた、今週同様、IDF(イスラエル国防軍)士官がわたしを殴りつけるのを、カメラが撮影していた。今日まで、わたしの個人的Shalom Eisnerは、自由に動いている。

もちろん、わたしのは日曜日にデンマーク活動家の顔にライフル銃を打ち当てたヨルダン渓谷旅団の副司令官、Shalom Eisner中佐でない。その殴打でわたしを病院に送ったのは、今日までわたしが、その氏名を知ることができないでいる、予備役の他の兵士だ。それは、総称的Shalom Eisner、常に、非武装市民を攻撃した、撃った、骨折した、殴った、逮捕した、蹴飛ばした、捻り上げた、拘束した、拷問した、踏みつけた、スプレーした、あるいは自尊心を傷つけた、占領の他の兵士誰でもと同様のひとりのShalom Eisnerだ。

IMG_5709-copy1.jpg
そのすべての後 - 病院で (Oren Ziv / Activestills)

結婚行列を含む平和的デモンストレーションで、わたしが逮捕された2009年7月31日を振り返ると、わたし自身のShalom Eisnerは、他の兵士らからわたしを受け取って、両手を背中に回し、軍用ジープの背面にわたしの頭部を血液が流れるまで2回打ち付け - 彼の行為は撮影された。しかしながら、本物のShalom Eisnerの最新の事件とは逆に、わたしの事例で、カメラの後ろの男は警官で、それでわたしは、YouTubeにヴィデオをアップロードすることができなかった。したがってわたしは、憲兵隊に行き、申し立てを提出し、その日、他のものに撮られた写真を与え、わたしが得た縫合に関する診断書のコピーを渡し、そしてわたしは、以来ずっと待っている。

(略)

全文:+972


posted by mizya at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。