2012年04月22日

医療関係者:イスラエル軍事訓練でパレスチナの十代が撃たれる

2012年04月20日金曜日

トゥバス (Ma'an) -- イスラエル兵士らが、西岸北部での軍事演習で、木曜日夜、18歳の羊飼いの胸を撃ったと、医療関係者は語った。

ヤシル・スレイマン・ニジャド・カアブナが、ヨルダン渓谷北部、ワディ・アルマレ近くで、羊とラクダの群れを集めているとき撃たれたと、医療関係者はMa'anに語った。

彼が撃たれたとき、一緒にいた被害者のおじ、サレム・カアブナは、その地域で訓練していたイスラエル部隊が、スレイマンに発砲し、彼の胸に負傷を負わせたと、Ma'anに語った。

医療職員は、兵士らが負傷した十代を助けるのを拒絶し、彼はトゥバスの病院に民間の車で運ばれたと語った。彼はナブルスのラファディーア病院に移送され、集中治療中で危篤状態にある。

(略)

地元村議会は、演習が、いつ、どこで開催されるか、羊飼いたちは警告されることがないので、地域でのイスラエル軍事訓練が、いく人かの死傷者を生んできたと語った。

議会は、民間の人びとの近くで訓練しないよう、イスラエル軍に圧力を加えるように人権集団に求めた。

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。