2012年04月23日

占領(勢力)がハンガーストライカーを罰する

2012年04月19日

西岸、ガザ、(PIC) -- 刑務所行政が、異なる占領刑務所の大規模ハンガーストライキへの反応として、挑発的動きで、パレスチナ囚たちに過酷な措置を課し、嫌がらせを開始した。

刑務所襲撃に特化されたイスラエルMetsada特殊部隊は、木曜日朝、いわゆるNahacon部隊の支援で、オフェルの刑務所に乱入し、囚人たちを急襲し、彼らの房にガスを発砲した。

その一方、パレスチナ自治政府囚人省は、記者声明で、占領刑務所行政が、外部イヴェントとのいかなる種類のコミュニケーションをも妨げるため電気を止め、彼らを知られざる行き先に移動すると脅して、ハンガーストライカーたちを個々の房や部門に隔離してきたと確認した。

パレスチナ囚人保護センターは、重武装のイスラエル弾圧部隊が、今までのところ、刑務所3ヵ所以上で、多くの囚人を、ことさらハンガーストライカーを弾圧するため、催涙ガスや警棒を使用し、占領刑務所が、高い緊張・混乱状態を示していると確言した。

これらシオニストの挑発は、刑務所での基本的人権と、何年間も彼らに対して適用されてきた不公正な法の終結を要求する囚人のハンガーストライキ停止を目論む。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。