2012年04月23日

シンベトが航空会社安全検査で意見を変えないと語る

2012年04月20日

スウェーデンとイスラエル当局は、論争を解決し、フライト継続を可能にしようと多忙と、シンベト職員が語る。
Zohar Blumenkrantz

スカンジナビアの空港のその規則起用拒絶を無視して、シンベト安全業務は、木曜日、そこの安全検査が基準を満たさなければ、海外の空港からイスラエルの航空会社が飛びたつのを許さないだろうと語った。

「イスラエルへのフライト保護の最小必要条件と地元制限の間のギャップが埋められない国々で、それは、乗客の生命に高いリスクがあると意味し - 我々はそれらのフライトを許すことはできない」と、シンベト高官は語った。

断固たる応答は、TheMarker (Haaretz) が木曜日、それらが民族的・個人的プロファイリングを含むので、Arkia(イスラエル航空)が、ストックホルム空港でそのような安全検査を行なう認可を、スウェーデン航空当局が拒絶したと報じて現れた。そのような検査は、スウェーデンのマルメやコペンハーゲンでのように、他のスカンジナビアの空港で既に禁止されてきた。

シンベトは、航空会社の安全の脅威レベルと基準設定決定に責任がある。スウェーデンとイスラエル当局は、論争を解決しフライト継続を可能にしようと多忙と、シンベト役人は語った。

原文:TheMarker Haaretz.com


 イスラエル基準が世界に導入されたなら、海外に旅するのは気の重い苦痛となる。例えば既に米国には行きたくない。イスラエルの退役軍人を、米国の空港が雇っているからだ。スウェーデン航空当局が拒絶をつらぬくかどうか注視したい。


posted by mizya at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。