2012年04月27日

「良心の囚人」保釈

2012年04月25日水曜日

131970_345x230.jpg
ラマッラに近いイスラエルのオフェル軍事法廷での裁判に臨むバッシム・タミミの資料写真。(MaanImages/PSCC, HO)

ベツレヘム (Ma'an) -- 非暴力活動家、バッシム・タミミが、13ヵ月を刑務所で過ごした後、火曜日遅く保釈されたと、民衆委員会は語った。

ラマッラ県ナビ・サレ村のタミミは、欧州連合により人権擁護者として、アムネスティ・インタナショナルにより良心の囚人と認められてきた。

彼は、近くのイスラエル入植地、Halamishによる彼らの土地の強奪に対する毎週の抗議を維持し、2011年3月24日、イスラエル軍により、村で違法デモンストレーションを組織したとして告発された。

火曜日、イスラエル軍事法廷は、彼の保釈に対する軍事検察の訴えを拒絶し、保釈金、12,000シェケル(3,193ドル)で彼を解放したと、民衆闘争調整委員会は語った。

タミミは、保釈の条件が、ラマッラ市内に留まり、また木曜日と日曜日の間、自宅監禁下にあると規定するので、彼の村に戻ることができないだろう。

彼は、法廷が彼の事例に答申するだろう5月13日、次の出廷をするだろうと、委員会報道官、ヨナタン・ポラックは語った。

彼の裁判を通し、タミミは、西岸のパレスチナ人を裁定する軍事法廷システムの合法性と、10人以上のいかなる集まりも違法デモンストレーションと看做すイスラエルの規定を繰り返し質問してきた。

民衆闘争委員会によれば、2009年12月にナビ・サレで抗議が始まって以来、イスラエル軍は、全村の10パーセントほど、住民80人以上を拘留してきた。

タミミの息子のふたりは、抗議でイスラエル兵士らにより負傷を負い、彼の妻は、2度拘留された。イスラエル(占領軍)民事行政は、1965年に建築されたタミミの自宅の破壊を命令した。

原文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:バッシム・タミミ裁判での目撃者たち:ぼくたちは尋問者らにより、彼に罪を負わせるよう指図された(2011年12月03日)


posted by mizya at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。