2012年04月30日

ある事実が犯罪であるおそれる社会で

Max Blumenthal
2012年04月27日金曜日

テルアヴィヴ大学は、パレスチナ村、シェイフ・ムワニスの廃墟に建設された。大学の教職員ラウンジは、村のムフタールの旧宅だ。Arlosoroff通りとIbn Gvirol通りの角、世紀タワー超高層ビルが建つのは、かつて存在したソムメイルという名のパレスチナ村だった。

イスラエル集団、Zochrotの活動家たちが、テルアヴィヴの「独立記念日」祭の中心で、これら事実について、道楽者らを教育しようと着手したとき、彼らは、犯罪活動従事で告発された。

活動家が、オフィスビルを出て、Ibn Gvirol通りにナクバで破壊されたパレスチナの村々を記念する小さなビラを置こうと試みるとすぐ、機動隊が、金属ゲートで彼らを取り囲み、中に閉じ込めた。警察は彼らに、イスラエルの誕生を祝う群衆との対話を試みるなら、彼らが逮捕されるだろうと通知した。「我々は、君たちの写真やチラシと共に祝賀に入るのを許さない」と、警官がZochrotのEitan Bronsteinに告げた。(略)

警察の抑圧が、殆ど許し難いにも拘らず、彼れらがアクションを続けることを許されていたなら、Zochrotの活動家たちが激しい暴力に曝されたかもしれないと考えるある理由がある。金属ゲートの後ろに捕われる間、通行人らは活動家たちを取り囲み、述べ立てた。「ここに警察がいて幸運だったな。彼らに感謝しろ」と、禿げた肥満の男が語り、離された。

自分をイスラエル軍Golani旅団落下傘兵団51部隊メンバーと名のるもうひとりのずうたいの大きい人物も、活動家たちに吠えた、「ただひとつのこと、お前らは売国奴一団だ。ここの人らは毎日戦っている... これは信じがたい。お前らは売国奴で、俺たちにチャンスがあったら、お前たちを一人ずつ撃ってやるのに。一人ずつ、俺たちはお前らを撃ってやる...」

デモンストレーションは、警察が、破壊されたパレスチナの村々の名前を声に出して読んだ罪の男ひとりを含む、参加者3人を暴力的に逮捕して終った。

Real News NetworkのLia Tarachanskyは、混乱を撮影した。彼女の衝撃的な映像はここで:
http://therealnews.com/t2/index.php?option=com_content&task=view&id=31&Itemid=74&jumival=8256

(略)

全文:alakhbar


posted by mizya at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。