2012年05月02日

人権組織がガザ回廊停電警告

2012年04月26日

ガザ、(PIC)-- 人権機関は、危機の無視と、必要な電力を回廊に供給するための適切な行動を迅速に講じないことが、ことさら夏、現実の破局状態に帰着するだろうと語り、停電によるガザの深刻な状況を警告した。

ガザ停電は、国際法への完全な違反の集団懲罰にパレスチナ民衆が直面しているところで、事態をより悪くした、2006年6月のガザ回廊で作動する唯一の発電所に対するイスラエル空軍攻撃後、6年が経過し、まだ日々続いている。

アルメザン人権センターは、「ガザ回廊の人権への停電の衝撃」と題する報告で、ガザ回廊への電力を供給する送電線への占領(勢力)の爆撃に加え、電気配電業務がいくつかの技術的問題を抱えると述べた。

センターは、占領の集団懲罰政策、ガザに課される封鎖、市民と基盤整備を標的とすること、そしてパレスチナ内部の断絶が、すべてガザ回廊に於ける電力危機を深くしてきたと付け加えた。

ガザのエネルギー供給は、あまりに酷く、1日あたり6時間ほどで、24時間を通して最良で16時間と、センターは確証した。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック