2012年05月04日

アフマド・サアダト:独房監禁囚人番号1

2012年05月01日火曜日

アフマド・サアダトは、パレスチナ解放人民戦線 (PFLP) の書記長でパレスチナ立法評議会メンバーだ。彼は、1948年にラムレに近いデイル・ターリフ村の彼らの家から追放された難民家族の息子として、1953年、西岸の町、アルビレに生まれた。

サアダト氏は、数学教師としての教育を受けた4人の子どもの父親だ。彼は、学生運動で活動的になった1967年以来、パレスチナ民衆運動に関わってきた。2006年の拘留に先立って、彼は、多くのきっかけで、すべてを合計すると10年の期間、政治囚としてイスラエル刑務所に囚われた。

ahmed-saadat.jpg
アフマド・サアダト:独房監禁囚人番号1

サアダトは、2001年8月27日、当時の書記長、アブアリ・ムスタファの、ラマッラの彼の事務所でのイスラエルによる暗殺に続き、2001年、PFLPの書記長に選出された。

ハンガーストライキ開始に続き、イスラエル刑務所当局は、PFLP囚人たちに、彼らがハンガーストライキ終了に同意するなら、サアダト氏を独房監禁から解くと申し出た。ストライカーたちは、彼らの要求が囚人すべての幽閉終結を含むことを原則として、この申し出を拒絶した。

この何日か、サアダト氏の健康状態は相当に悪化してきた。彼は、4月29日、アルラムレ刑務所の病院部門に移された。

原文:Middle East Monitor


 ハンガーストライキの主要な目的はふたつ、行政拘留の停止と独房監禁の停止だ。行政拘留は、犯罪の立証が困難で裁判に持ち込めないとイスラエル占領軍が判断した、いわば無辜の市民を拘束する詭弁であるし、独房監禁は、生きながら墓地に閉じこめられるに等しい、人権をないがしろにする劣悪な状況下に置かれることを意味する。そこはまさしく墓、光の射さない小さなコンクリートの箱に、たったひとり、話す相手もいないまま、永遠の時間をやり過ごさなければならない場所、狂気にしか逃れられない場所だ。


posted by mizya at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。