2012年05月04日

正義はパレスチナ人服従を止めるための行動を要求する

デズモンド・ツツ、特別寄稿
2012年05月01日火曜日

25年前、わたしは、アメリカ人に、ことさら学生たちに、南アフリカから資本を引き上げるため圧力をかけるよう奨励して、合衆国中を地方遊説した。今日、遺憾ながら、パレスチナ領土のイスラエルの長年の占領と35ほどの差別的法律を被るパレスチナ市民に平等の権利を広げることへの拒絶を終了させるための同様の行動の時がきた。

わたしは、ゆっくり悲痛に、この結論に到達した。わたしは、南アフリカのアパルトヘイトとの闘いで、とても助けとなったわたしたちのユダヤ人兄弟姉妹の多くが、まだ、イスラエルと現在の政府のアパルトヘイトの性格を考慮に入れる準備ができていないと気づいている。そしてわたしは、この問題を提出することが、何十年も緊密に成功裡に作業したユダヤ人コミュニティのある部分に心痛をもたらすだろうと非常に懸念している。しかしわたしは、わたしが目撃してきたパレスチナの苦しみを無視することも、これら勇敢なユダヤ人の声がイスラエルの差別的方針により煩わせられることも看過できない。

過去数日で、アメリカのラビ1,200人ほどが - 統一メソジスト教会と長老教会(USA)により考慮された決議と一致する時に - 「その製品がイスラエルにより使用されるある企業からの選択的資本引き上げ」をしないように、クリスチャンに促す書簡に署名した。彼らは、資本引き上げ決議を「一方的アプローチ」と、メソジストと長老教会派により提案された、占領から利益を得る企業からの選択的資本引き上げさえ、「何十年も育まれてきたユダヤ・クリスチャン間の関係を傷つける」と主張する。

彼らの善意に疑いない一方、ラビたちや資本引き上げの他の反対者たちが、哀しいかな、誤り導かれたとわたしは信じる。わたしの声は、クリスチャン - ユダヤ人の結びつきを支持し、懸命な人びとすべてが、恐れ嫌う反-セム(ユダヤ)主義に反対して、常にあげられるだろう。しかしこれは、イスラエル政府が西岸植民地化と人種差別的法律促進を継続するとき、何もせず、傍らに佇む口実にはなり得ない。

(略:長い)

全文:Tampa Bay Times


posted by mizya at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。