2012年05月04日

エルサレム著述家フェスタがイスラエル批判回避努力で演説者たちに調査のためのスピーチ(原稿)提出を要求

Eleanor Kilroy
2012年05月01日

西エルサレム、Mishkenot Sha'ananimの豪華な丘の上の会議ホールから、エルサレムでの、来る第3回国際著述家フェスティヴァルのゲストたちは、分離壁とシルワンを含む被占領東エルサレムの違法な併合の明らかな光景を目にするだろう。シルワンで、武装のユダヤ人入植者ら、イスラエル警察と「保安要員」が、第4ジュネーヴ条約に違反して、パレスチナの家屋を盗み、真夜中、そのベッドから拉致される幼い子どもたちを含む住民何万人も拘留し威嚇する。警察と国境警備隊に伴われたイスラエルのエルサレム市当局の班は、今日、住民何人かに、家屋破壊通知を手渡した。しかしながら、スピーチで、これら事実のいかなる言及も、フェスティヴァル検閲を通過しなければならないだろう。

著述家フェスティヴァル理事、Tal Kremerは、月曜日、「(2010年のフェスティヴァルで)Nir Baramに起こったことに照らして、我々は、今年の作家たちにスピーチ原稿を渡すよう求めた」と語った。若いイスラエル人小説家の開会スピーチ、数ある中で、彼がその中で語った、「歴史がぼくたちユダヤ人のため衆目が認めるように縫い合わせた犠牲者の口実の下、ぼくたちは、イスラエル国と被占領地の非-ユダヤ人の権利への系統的暴力の目撃者である」は、Tal Kremerにより「我々の方の演出エラー...」と性格づけられた。Haaretzは上手く要約する:

エルサレムの国際著述家フェスティヴァル理事が、ボイコット圧力にも拘らず、国際的作家たちにフェスティヴァルに参加するよう説得しようと望むとき、彼女はしばしば、2010年の開会演説者が彼のコメントでイスラエルを批判した事実を持ち出す。しかし今、フェスティヴァルは、新たな要求を設けている:開会演説者たちは、前もって運営者側に、 - 前のようなもうひとつのスピーチを回避する努力で - 彼らのスピーチを見せなければならない。

イスラエル国に資金提供される、Mishkenot Sha’ananim国際著述家フェスティヴァルは、非常に政治的イヴェントだ:2010年、その基調講演者は、イスラエルの文化大臣、Limor Livnatと、アメリカ作家、ポール・オースターと親しくなったのが見られたシモン・ペレス大統領だった。フェスティヴァルは「世界でのエルサレムのイメージを改善する」宣言された意図がある。

(略)

全文:Mondoweiss


posted by mizya at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。