2012年05月05日

パレスチナ人ハンガーストライカーたちが「死に瀕する」

2012年05月02日水曜日

パレスチナ人ハンガーストライカーふたりが、深刻な死の危機にあり、即刻、民間病院に移されるべきと、水曜日、独立の医師団は語った。

ビラール・ディアブとターエル・ハラフレは、裁判もないまま、イスラエル刑務所での継続的拘留に抗議して、63日間ハンガーストライキしてきた。

人権医師団-イスラエルの医師は、月曜日にその男たちを訪ね、ハラフレが急速に悪化している一方、ディアブはすぐにも死の危機にあると結論した。

「拘留者どちらも、四肢に重大な筋肉衰弱を被り、彼らに立つことを妨げる」と、報告は述べた。

(略)

報告は、両者とも適切な治療を受けるため、即刻民間病院に移送されるよう勧告したが、要請はこれまでのところ、イスラエルにより拒絶された。

ふたりは、イスラエルが刑事告訴なしに無期限にパレスチナ人を拘束できる、いわゆる「行政拘留」下に捕らえられている。

システムは、今年初め、ハデル・アドナーンとハナ・シャラビーのハンガーストライキにより、光を当てられ、イスラエルによる抑圧への国際的批判を導いた。

(略)

全文:alakhbar

アーカイヴ:ディアブがハンガーストライキ継続決定(05月02日)


posted by mizya at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。