2012年05月08日

世界は入植者らが去るのを望む

論評:西側は、イスラエル人300,000人の移転が、主要な中東の頭痛を解決し得ると考える
Eitan Haber
2012年04月30日

例えこれが、彼らの顔の表情に、あるいは日々の行為にはっきり表れていないとしても、今や何年も、そして確実に最近、イスラエル統治者たちの中で大いなる心配事でありつづけた。まさしく彼らのすぐ目の前で、彼らが何十年間も築いた世界が崩壊している。

領域(占領地)を支配した45年後、そして世界が、ユダヤ・サマリア(西岸)でのイスラエル支配に黙って従うと多くに見えたとき、地球は、その長いまどろみから目覚めた。今、世界あちこちのすべてから、彼らはわたしたちに告げている:「それはうまくいかない!」あるいは言い替えるなら、好むと好まざるとに拘らず、君たちは1967年境界に、国に戻るだろう。

今や、ジョージ・W.ブッシュ大統領時代のアリエル・シャロンの大きな達成、アメリカの「大入植地議員連合」の承認さえ消えつつあるように見える。世界は、300,000人入植者が、グリーンライン(停戦ライン)内に引っ越すのを見たがっている。この冷笑的世界は、数に感銘を受けない:何千もの住宅や建物、道路、繁茂する庭、あるいはそこに生まれたものを含む何十万もの人々によらない。

アフリカで何百万もがまだ屠殺される、そしてある地域から別の地域に全住民が移動される世界で、ことさらそうした作戦が、世界に不断の頭痛を与えるということであれば、数千の家、数十万の人々は、殆どマイナーな問題だ。

このあたりではまだ、領域(占領地)でのイスラエル存在に反対するものの多くでさえ、上記シナリオが実現され得ると信じない。45年間、わたしたちは、世界を騙し、すべてを欺いてきた;殆どもうひとつの国を建設する間、わたしたちは、アラブ人を、ヨーロッパを、合衆国をかついだ - 無駄になるすべてをどうしてできたのか?

時間はなくなりつつある
イスラエル意思決定者間の心配は、イランの核環境でばかりでなく、領域に関しても、時間がなくなりつつあると彼らが悟っているので、高まっている。アメリカで、大統領;誰にも何も負わず、ゲームに終止符を打つ者となるかもしれない大統領は、2期目の任期に選ばれると予想される。ところで、米国のかなり多数のユダヤ人が、彼を支持する。

アラブ諸国は、イスラーム革命を経験しており、米国は、単純な算術をしている:ワシントンにとり、領域の(最新の起源前、小さなカイロ郊外と同族の)イスラエル人何十万かを犠牲にしてさえ、アラブと和平を試み生きるほうがいい。

それにも拘らずまだ、このあたりのユダヤ人は、過去45年間ここでなしてきたことを、次の45年間も同様になし続けるだろうと確信する。

「十字軍が聖地を支配したのは何年間ほどだった?」と、1ヵ月前のアンマン訪問中、ヨルダン人の友人がわたしに訊ねた。「およそ200年」とわたしは言った。「なるほど、じゃ、ぼくたちはもう少し待たなければならない」と、彼は応えた。

追記:上記はわたしの願望を表明したのでなく、むしろ、実際、具体化するだろうことである。

原文:Ynet news.com


 300,000人? 東エルサレムもグリーンラインを越えていると、筆者が忘れたわけではないだろう。世界はもちろん、300,000人だけでない、東エルサレムの入植者も加えた500,000人が立ち去るのを見たがっている。冷笑的ではなく、人数は問題にならない。チェルノブイリ原発事故では400,000人以上が移住を余儀なくされたし、東京電力原発事故30キロ圏内市町村住民人口は530,000人だ(った)。
 昨今のイスラエル人が、ミズラヒームはさておき、セファルディもさておくとして、アシュケナージが、ユダヤ教徒であるにしても、カイロ郊外と同族かどうか、ムーサ(モーゼ)に率いられたユダヤ人の血縁かどうかは疑わしい。カスピ海に沈んで今はないハザール帝国で、西暦700年代に、ユダヤ教に改宗したとすれば、3,000年前のユダヤ人とは縁もゆかりもない。


posted by mizya at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック