2012年05月11日

イスラエル当局が「ヘブロンの村の樹木根こそぎ」

2012年05月08日火曜日

ヘブロン (Ma'an) -- イスラエル当局が、火曜日朝、西岸南部の村の畑を均す一方、樹木およそ350本を引き抜いたと、土地調査センターは語った。

イスラエル軍に護衛されたブルドーザが、ベイト・ウラ村、アットゥース地区のハサン・ムハマド・アブドゥルガーニ・アルアムラ所有の13,000平米の土地の石のテラスを破壊し、オリーヴ樹およそ100本を引き抜いた、とセンターは語った。

当局が、ファイーズ・ムハマド・アブドゥルガーニ・アルアムラ所有の林の果樹およそ250本を破壊し、傍らの潅漑網を引き抜いたと、彼らは付け加えた。

エルサレム拠点の調査集団は、イスラエル当局が、アルアムラの土地をイスラエル国有財産と指定し、彼に明け渡すよう命じたと語った。法廷審問が火曜日に予定されたが、その開催前に軍が土地を破壊したと、センターは語った。

原文:Ma'an News Agency


 審問前のイスラエル軍による破壊が、「法廷審問」は形だけ、と証明する。イスラエル建国前、パレスチナにユダヤ人が所有していた土地は6.5パーセントほど、イスラエル領土をこのように強奪で拡張してきたし、現在も同じ手法で拡張を続けている。道路拡張などで、ニッポンでも立ち退きを迫られることがあるが、その場合、行政は代替地を準備し補償金を支払う。しかし、イスラエルに軍事占領されるパレスチナでは、1948年以前のパレスチナを含め、代替地も補償金もなく、パレスチナ人は丸裸にされて追い出される。翻って、ガザの入植地撤退にあたって、ユダヤ系イスラエル人には代替地も補償金も支給されたが、その代替地というのもパレスチナ人から強奪した土地だ。

palestinian-loss-of-land.jpg
posted by mizya at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。