2012年05月16日

ネタニヤフが戦争犯罪訴訟を恐れヘブロン家屋からの撤退命令

ハーグでのイスラエル政府関係者に対する法的行為のAG(司法長官)の恐れはまた、西岸前哨基地、Ulpana Hill認可に関する国家のためらいを論証する。

Chaim Levinson
2012年05月13日

3711808019.jpg
国境警察官らが、入植者らに強奪されたヘブロンの家を撤退させる、2012年4月4日。Photo by Olivier Fitoussi

ベンヤミン・ネタニアフ首相が、パレスチナの家屋と土地の収用が、戦争犯罪訴訟でイスラエル政府関係者を紛糾させると通知された後、先月、入植者らに奪われたヘブロンの家の撤退を命じたと、日曜日、Haaretzは知った。

先月、イスラエル治安部隊は、イスラエル中で論争の口火を切り、政府内の対立を生じさせた事柄を終了させる不意の動きで、ヘブロンのパレスチナ地区の家から、イスラエル人入植者らを撤退させた。

首相オフィスの上級職員は、そのとき、防衛大臣と首相の間の注意深い調整後に撤退が遂行されたと語った。しかしながら、ネタニヤフの補佐官は、右翼批判に対する弁護を続け、首相が、安全と法的考慮から撤退を承認するしか選択肢がなかったと語った。

補佐官は、撤退に先立つ深夜の議論で、家屋の即時撤退に関してなされた決定はなかったと語った。

しかしながら、撤退の朝の、ネタニアフ、バラク、司法長官、Yehuda Weinsteinの間の会談で、伝えられるところによれば、AG(司法長官)は、問題に関する法への厳格な固守の欠落により、国際的な法的危機にイスラエルを紛糾し得るとの、彼の法的見解を示した。

Weinsteinは、伝えられるところによれば、ネタニアフとバラクに、ヘブロン乗っ取りのような、パレスチナの土地と家屋の収用は、ハーグの国際刑事裁判所での、イスラエル政府関係者告発を招きかねないと語った。

バラクがそして、過ぎ越しの休日前に、家を撤退させなければならないと主張し、ヘブロン(入植地)前哨基地を取り除くネタニアフの命令に結びついた。

(略)

全文:Haaretz


posted by mizya at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。