2012年05月16日

ハンガーストライキの拘留者たちが刑務所当局との取引に署名

2012年05月14日月曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 拘留者たちが、月曜日、大規模ハンガーストライキを終了する、イスラエル刑務所当局との取引に署名したと、職員はMa'anに語った。

党派各々の囚人代表が、アシュケロン刑務所での取引に合意したと、囚人共同体チーフ、カッドゥーラ・ファレスは、声明で述べた。

イスラエル国内公安、シンベトが、取引を認めたと、イスラエル・ニュースサイト、Ynetは報じた。

期限

交渉チームのメンバーだったハマース上級官僚、サレフ・アローリは、イスラエルが、行政拘留者たちに罪状のリストを提供するか、彼らの期限終了に解放すると合意したと語った。

ハマース系列下のニュースサイト、Palestine Information Centerへのコメントで、彼は、エジプト仲介取引の下で、イスラエルが、次の72時間で、独房幽閉から拘留者すべてを解放することに合意したと語った。

官僚によれば、イスラエルはまた、ガザ回廊の拘留者たちの家族訪問を解禁し、「シャーリト法」を廃止するだろう。

「シャーリト法」は、ハマース支配のガザ回廊で、イスラエル兵、ギラード・シャーリトの5年の捕囚に対する懲罰として、囚人の家族や教材へのアクセスを制限した。シャーリトは、囚人交換合意で10月に解放された。

すべてか無か

イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフの報道官、Ofir Gendelmanは、Ma'anに、取引を適用するために、囚人すべてが、72時間以内にハンガーストライキを終了しなければならず、後に食物を拒絶しない、と語った。

囚人集団の推計によれば、囚人2,000人ほどが、適正な刑務所条件を要求する、4月17日に開始した大規模ハンガーストライキに加わった。

行政拘留で捕らえられるもうひとつの囚人集団は、食物なしで77日目に入ったビラール・ディアブ、27歳と、ターエル・ハラフレ、33歳を含み、刑事告訴なき彼らの拘留への抗議で、より早くストライキを開始した。

彼らの弁護士、ジャミール・ハティブは、Ma'anに、ディアブとハラフレが、月曜日早く、取引を通知されたと語った。彼らは、合意が彼らの拘留期限終了時の解放を含むと告げられたが、どちらも、彼らが直ちに解放されない限り、ストライキをやめるのを拒絶したと、ハティブは語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック