2012年05月17日

アブドッラ・アルバルグーティ:独房監禁囚人番号2

2012年05月08日火曜日

「子どもと会うことは食物より美味、他の人間とあることは飲むより刺激的」

アブドッラ・アルバルグーティは、人間、そして父親としての資格を与えられる権利のささやかな断片を手にするため、ハンガーストライキしている。彼は、10年以上前に逮捕されて以来、家族との面会を禁じられ、その同じ期間、独房幽閉に留められてきた。

彼の要求が含むのは:

独房幽閉からの解放
家族訪問の許可
子どもたちの面会の許可

アブドッラ・ガーレブ・アブドッラ・アルバルグーティは、1972年にクウェートで生まれた。1998年に、彼の村ベイトリマに戻り、同年、彼は結婚して家族をつくった。バルグーティの旅は、アルアクサー・インティファーダの発端に始まった。2001年8月、彼は、パレスチナ自治政府により逮捕され、1ヵ月に満たないで解放された。妻によれば、「その時以来、イスラエル占領のお尋ね者になり、アブドッラは家に戻ることはなく、非常に長い間、わたしたちは、彼について何も知らなかった」。

彼が追跡されていた期間、アルバルグーティによれば、軍隊により遂行された残忍な標的とされた暗殺や虐殺への報復で、彼は、イスラエル占領に対する多くの作戦をなし得た。15ヵ月以上経って、2003年3月、イスラエル情報機関は、彼の身元に確信がなかったにも拘らず、彼を追い詰めた。ある朝、彼が最年長の子どもの救急治療に立ち会っていたラマッラの病院を離れたとき、彼は特別部隊に驚き、捕らえられた。彼の3歳半の娘が、歩道上にひとり、苦い嘆きの衝撃に残されたとき、彼は、手錠され、縛られ、軍用車輌に投げ込まれた。

abdullah-al-barghouti.jpg
アルバルグーティは、5ヵ月以上、絶えず尋問され拷問された。

拘留の合法的最大期間が、90日を越えないにも拘らず、アルバルグーティは、5ヵ月以上、絶えず尋問され拷問された - 彼は3月に逮捕され、11月まで解放されなかった。11月31日に、イスラエル軍事法廷は、彼に対する最終判決が言い渡された緊急開廷を召集;彼は、パレスチナ囚人の中で最長の刑、67回の終身刑を宣告された。

原文:Middle East Monitor


posted by mizya at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。