2012年05月18日

イスラエル人歴史家、シュロモ・サンドが死の脅迫を受ける

2012年05月15日火曜日

shlomo-sand.jpg
イスラエルは、その差別的な法律と政策の反対者を殺す公式・非公式経過記録を有する。

イスラエル新聞、Haaretzの報道は、テルアヴィヴ大学の著名な歴史家、シュロモ・サンド教授が、郵便で多くの死の脅迫を受けたと主張する。反-シオニズムの態度と『ユダヤ人民の発明』の著者で知られるサンド教授は、脅迫状(複数)と化学物質を含む袋を送られた。書状は、彼が「反-セム(ユダヤ)」で「イスラエルの敵」だから、彼の余命が残り少ないと彼に警告した。

サンド教授は、Haaretzに、書状がまた、彼がナチと主張したと告げた。彼は、脅迫を深刻に受けとめ、命のため非常に怯えていると語った。脅迫は、彼の最新刊:『イスラエルの土地という発明:聖地から母国へ』発行の背景に対して現れる。

著作で、サンドは、民族的帰属に基づく選ばれた少数ばかりでない、その市民すべてのための国家の概念普及を模索した。ユダヤ教という宗教があると認める一方、彼はユダヤ民族の観念を拒絶する。彼は、すべての国家が、触れられないある程度のタブーを持っていると語る。イスラエルの場合、彼は最も顕著なみっつをあげる:パレスチナはユダヤの土地である;イスラエル国家の歴史的連続性;そしてホロコースト。

「中東唯一の民主国家」であるとの主張にも拘らず、イスラエルは、その差別的な法律と政策の反対者を殺す公式・非公式経過記録を有する。イツハク・ラビン元首相が恐らく、批判で抑えることができないイスラエル極右主義の最も顕著な犠牲者である一方、いわゆる「標的とする暗殺」は、パレスチナ人に対して頻繁に使用されてきた。

原文:Middle East Monitor

アーカイヴ:書評:シュロモ・サンドの『ユダヤ人民の発明』(2009年10月24日)


posted by mizya at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。