2012年05月18日

イブラヒーム・ハミード:独房監禁囚人番号3

2012年05月14日月曜日

イブラヒーム・ハミードは、ラマッラの北東、西岸の村、シルワドに生まれ育った。

彼は、ビルゼイト大学の政治学で学士号を得て、難民調査センターで調査官として仕事した。彼は、人口が減らされたパレスチナの村々に関する論文いくつかを書き発表してきた。

2006年5月の逮捕以来、イブラヒーム・ハミードは、独房幽閉で、Asqalan刑務所に捕らえられ、家族の訪問を否定されてきた。彼の妻と子どもふたりは、後に、ヨルダンに追放された。国際赤十字を通したいくつかの要請にも拘らず、彼女は彼を訪ねることができなかった。夫に関する彼女が得た唯一の情報は、弁護士を通して伝えられた。

ibrahim-hamid.jpg
2006年5月の逮捕以来、イブラヒーム・ハミードは、独房幽閉で、Asqalan刑務所に捕らえられ、家族の訪問を否定されてきた。

現在まで、イブラヒーム・ハミードは、裁判所で、告発されることも、審理されることも、有罪を宣告されることもなかった。彼は単に、占領に対する抵抗活動を支援したと、イスラエルが彼を非難するというだけの理由で捕らえられている。彼らは最近、イスラエルの安全にとって危険と述べ、交換取引での彼の解放を拒絶した。

原文:Middle East Monitor

アーカイヴ:アブドッラ・アルバルグーティ:独房監禁囚人番号2(05月17日)
     :アフマド・サアダト:独房監禁囚人番号1(05月04日)


posted by mizya at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。