2012年05月18日

エレカット:世界はパレスチナ人に歴史的負債を支払わなければならない

2012年05月15日火曜日

175144_345x230.jpg
パレスチナ美術家たちがガザ市でナクバを記す壁画を描く、2012年5月15日。(Reuters/Suhaib Salem)

ベツレヘム (Ma'an) -- PLO閣僚、サエブ・エレカットは、火曜日、国際社会に、1948年にその家から追放されたパレスチナ人に「その歴史的負債を支払う」よう求めた。

「アンナクバは、国際社会が、パレスチナ民衆に降り掛かった歴史的不正を正すために使用しなければならない陰鬱な機会である」と、エレカットは声明で述べた。

西岸、ガザ、イスラエル、ディアスポラのパレスチナ人たちは、火曜日、パレスチナ人何十万人もがイスラエル国家設立のための闘いのさなか、その家から追い出された、ナクバ、あるいは大災厄を、記念した。

「64年前、民族の繁栄する社会と豊かな文化は、追放と大規模排除を強いられた。国は、地図から拭い去られた」と、エレカットは述べた。

「今日、国際社会は、国際法と関連する国連決議に従って、イスラエルの刑罰免除の終結を提起し、パレスチナ民衆の自決、独立、帰還の正当な念願を実現することにより、なされてきたことを修復する道徳的責任を有する」と、彼は付け加えた。

彼はまた、イスラエルに、ナクバとパレスチナの権利を認識するよう促した。

「イスラエルが、真実、和平と二国家解決に関心を持っているなら、わたしたち民衆の権利と苦痛を認識すべきである」。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。