2012年05月19日

アムネスティ・インタナショナルが、独房幽閉からのパレスチナ人移動は肯定的一歩だが、イスラエルは囚人の権利保護ためもっと行うべきと語る

プレスリリース|2012年05月16日

決定後、囚人2000人がハンガーストライキ終了

(ニューヨーク)-- アムネスティ・インタナショナルは、人権尊重に向けた正しい方向への一歩として、イスラエルで囚人19人の長期独房幽閉を終了する取引を歓迎した。しかし、組織は、イスラエルが囚人の権利尊重のためさらに行う必要があると語った。

(略)

「わたしたちは、これら言質が、囚人の人権尊重に根拠を与える、イスラエル当局による新たな取り組みの前兆となることを望む」と、アムネスティ・インタナショナル中東・北アフリカ・プログラム副局長、アン・ハリソンは語った。「しかしながら、囚人や拘留者2000人もが、イスラエル当局が何年にも渡り犯してきた彼らの人権尊重を保証するため、その健康を懸けなければならなかったなど、あるべきでない」。

アムネスティ・インタナショナルは、2007年6月に完全に留保された、ガザの囚人家族訪問再開を繰り返し要求してきた。

アムネスティ・インタナショナルと地元人権機関は、行政拘留者、ハデル・アドナーンがハンガーストライキを始めた2011年12月以来、ハンガーストライキする拘留者たちに対し、イスラエル刑務所業務 (IPS) により繰り返される違反を記録してきた。

(略)

「ハンガーストライキの囚人たちに対する、IPSによるこれら繰り返された違反は、完全な、独立した、公平な調査を要求し、またそれら責任は、義務を負わなければならない」と、ハリソンは語った。「そのような長引く独房幽閉 - 囚人やその弁護士に与えられない情報に基づく - は、正当な手続きへの彼らの権利への違反であり、残酷で、非人間的で、下劣な扱いを構成する」。

(略)

全文:Amnesty International


posted by mizya at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。