2012年05月19日

オーストラリアの裁判所がナクバ行進を延期する警察要請拒絶

2012年05月16日水曜日

オーストラリア裁判所は、ナクバを記念する行進を延期するシドニーの警察によりなされた要請を拒絶した。警察は、都市交通の中断を避けるため週半ばの代わりに週末に開催するよう求めた。

Christine Adamson判事は、月曜日夜の審問の後、表現の自由は、いかなる潜在的交通渋滞にも優先すると説明し、要請を拒絶した。いずれにせよ、ナクバの実際の日付の重要性が、他の日でなく5月15日に開催する記念を本質的にすると、彼女は付け加えた。

(略)

全文:Middle East Monitor


 Christine Adamsonのような裁判官が、この国(ニッポン)にもいるといい。ニッポンの警察は「表現の自由」ということを理解していないから、「ご通行中のみなさん、『ご迷惑』をおかけしています、デモが横断中です」などとがなり立て、デモンストレーションが『迷惑』行為との印象を振り蒔こうと懸命だ。警察のこのようなデモンストレーションを誹謗中傷する「がなり立て」は違法行為ではないのだろうか。


ラベル:ナクバ
posted by mizya at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。