2012年05月20日

イスラエルがアリエル拡張、カルキリヤとトゥルカレムの土地に住宅2100戸建設

2012年05月18日金曜日
Heidi Williams - IMEMC & Agencies

Palestininan News Network、PNNは、木曜日、イスラエルが、カルキリヤとトゥルカレムの統治下にある広大なパレスチナの土地を犠牲にする、2段階で西岸北部の「アリエル」入植地を拡張する計画を明かしたと報じた。

「11134 / M-A」とナンバーをふられたこの計画は、アリエル入植地を2段階に拡張するだろう。第1段階は、カルキリヤ統治下(県)のアッズーン町とジンサフト町の間に位置するカフル・ラケフ村の広大な地域に、新住宅700戸を建設するだろう。拡張の第2段階は、トゥルカレム統治下(県)のバケト・アルハタブ、オズバ、アブハマダ、カフル・アブーシの広大な地域に、新住宅1400戸の建設となるだろう。

同じ状況で、イスラエルのブルドーザが、北部渓谷のワディ・アルマレ領域に建設されたRotem入植地の西側の道路と土地で、連続3日目、作業し続ける。

地元パレスチナ人は、占領軍大部隊が、設備を保護し、過去数日で加速した作業を確実にするため、標的の領域を取り囲んでいると、説明した。彼は、イスラエルの陰謀が、最終的に強奪する前触れとして、ワディ・アルマレ領域を空け、住民追放を目指すと強調した。

マレ渓谷の地元自治体は、「Rotem」入植地が現在、アルホルバ・アルファリシエの土地の殆どと、その土地の水源すべてを支配し、地域の羊飼いや人びとに対する、入植者らによる攻撃が拡大してきていると述べた。

原文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。