2012年05月20日

囚人数人がまだイスラエル刑務所でハンガーストライキ中

2012年05月17日木曜日

ラマッラ (Ma'an) -- イスラエル刑務所の囚人数人がまだハンガーストライキ中と、職員は、大規模ハンガーストライキ運動終了のため、取引が結ばれた数日後、木曜日に語った。

イスラエル刑務所業務報道官、Sivan Weizmanは、Ma'anに、マフムード・サルサクとアクラム・アッレハウィが食物を拒絶していると語った。彼らは、ラムレ刑務所クリニックに捕らえられていると、彼女は語った。

アッサルサクは、60日間ハンガーストライキしてきて、告訴も裁判もない彼の拘留に抗議している。サッカー選手、アッサルサクは、2009年7月、西岸のナショナルチームに合流するため、ガザ回廊を離れるとき、拘留された。

彼は、イスラエルの「違法戦闘員」法の下で捕らえられており、彼に対するいかなる告発も通知されたことがなかった。

囚人権利集団、Addameerは、アッサルサクが、その政策(「違法戦闘員」法)の下で拘留される唯一の囚人であると、Ma'anに語った。Addameerは、アッサルサクが、7月1日に解放されるだろうと告げられたが、提案は取り消されたと語る。

彼の次の審理が、8月22日に予定される。6ヵ月の拘留命令は、「違法戦闘員」法の下、無期限に継続可能だ。

アッレハウィは、ハンガーストライキを始める前、ラムレ刑務所クリニックに捕らえられ、不十分な治療に抗議してまだ食物を拒絶している。彼は、4月17日以来ハンガーストライキしてきた。

38歳が、喘息、糖尿病、白内障を被ると、ラマッラの囚人省弁護士、ファディ・アベダトは、Ma'anに語った。

アベダトは、もうひとりの囚人、モハマド・アブリブダがまだハンガーストライキ中で、サルサクとレハウィと共に、ラムレクリニックに捕らえられていると語った。

麻痺して車椅子を使用するアブリブダ、35歳は、2000年以来拘留されてきて、12年の判決を受けた。彼は、4月17日以来、ハンガーストライキしてきた。

Addameerは、Ma'anに、もうひとりの囚人、モハマド・タジもまた、戦時捕虜として扱われることを要求して、ハンガーストライキを続けていると語った。

パレスチナ自治政府治安部隊士官、タジは、3月18日にハンガーストライキに入った。彼は、週末の短時間、ストライキを止めたが、火曜日に再開した。彼は、al-Jalameh刑務所の独房幽閉に捕らえられており、水曜日、刑務所看守に殴られたと、彼の近親者はAddameerに伝えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。