2012年05月21日

戯れと「士気」のための殺人:眠るパレスチナ囚人への死に至るイスラエルの攻撃の衝撃ヴィデオ

アリ・アブニマ
2012年05月17日木曜日


HonaAlexandria

カメラは、刑務所寝室を襲撃し、囚人にベッドから出るよう怒鳴り、彼らが命令に従わないなら撃たれるだろう、重武装イスラエル公安隊員を追う。

囚人たちは、奇襲攻撃の恐怖の中で、絶叫が聞こえる。それは、イスラエルの参加者らが「すてき」で「満足」だった夜と言っただろう、残忍で死に至る暴力の夜だった。

イスラエルの攻撃者のひとりが、閃光、炎、煙の中で叫ぶ:「俺はこれらゲートを開き、これら売春婦の餓鬼どもをぶっ殺したい」。他のイスラエル人らが、母親について囚人たちを侮辱する野卑なアラビア語を叫ぶ。

囚人たちは、苦悩と恐れにもだえる。イスラエル人が銃を向け、「腹這いになれ!」と叫び、床に横たわるのを - アブ・グレイブをしのばせる映像に - 見ることができる。

他が、明白な理由もなく、撃たれる。

これらは、イスラエルのチャンネル 2TV局の調査番組、Ouvdaで、2011年4月に放映されたヴィデオの場面だ。2007年10月22日のパレスチナ人囚人たちに対する記録する暴力的攻撃は現実だったが、それはKetziot刑務所で、「士気」と「やる気」を煽るために、イスラエル公安隊員の「訓練演習」として遂行された。

ひとりのパレスチナ人、ムハマド・アシュカルが殺された。イスラエルが最近、彼の家族への補償支払いに合意したものの、彼の死に関して、誰ひとり告発されなかった。

ある「全システム」とOuvdaが述べたこのヴィデオは、3年以上もの間、非公開に保つことが試みられてきた。

イスラエル刑務所業務の副司令官は、このぞっとさせる凶悪な暴力で、彼の部下らの出来映えを「10点」と評価したのだった。

この衝撃的ヴィデオとそのまわりの出来事は、その2,000人以上が、最近、彼らが受ける残忍で非人道的な扱いに対する28日間のハンガーストライキを成し遂げた、イスラエル刑務所に捕らえられるパレスチナ人囚人何千人もの生命へのまれな一瞥を提供する。

(略:長い、ここまでで1/5ほど。これ以後はヘブライ語のヴィデオ映像の進行を英語で説明している)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | document | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。