2012年05月22日

イスラエルが元ハンガーストライキの囚人を尋問に移送

ラマッラ、2012年05月20日 (WAFA) - イスラエル刑務所業務 (IPS) が、日曜日、行政拘留に抗議して77日間のハンガーストライキをした囚人、ターエル・ハラフレを、尋問のためオフェル軍刑務所に移送したと、囚人業務省により発表の声明は述べた。

イッサ・カラケ大臣は、健康に問題と著しい体重減少を被るハラフレが、5月15日にストライキを終えたばかりで、長期間のハンガーストライキから回復しておらず、彼の健康を回復させるさらなる特別医療を必要とする中での、イスラエルの措置を非難した。

カラケは、イスラエルがハラフレの生命に完全な責任を負う(と語り)、そして、国際人権組織すべて、ことさら赤十字国際委員会に、刑務所のパレスチナ囚に対して実施されるイスラエルの「汚い政策」を終らせるため、即刻介入するよう求めた。

原文:WAFA


 アーカイヴ記事の「ハンガーストライキのグラフィック・イラストレーション」は、日を追ってハンガーストライキの影響を示すカレンダーだ。例えば、立ち上がれなくなる時期、視覚・聴覚に障害が現れる時期と共に、ガンジー、ネルソン・マンデラのハンガーストライキもカレンダーに示されている。著名なアイルランドのハンガーストライカー、ボビー・サンズが、ハンガーストライキで獄死したのは66日目だから、77日間のハンガーストライキのダメージがどれほどのものかイメージできるだろう。そのハラフレに対する尋問は拷問に他ならない。

アーカイヴ:ハデル・アドナーンのハンガーストライキのグラフィック・イラストレーション(02月23日)


posted by mizya at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。