2012年05月28日

解放の1時間前、囚人が行政拘留に移送

2012年05月24日木曜日
William Temple - IMEMC & Agencies

今日のPNN報道で、アルアフラル囚人調査・人権センターは、5月23日水曜日、囚人、サメ・エライウェ、50歳が、彼の予定された解放の日取りの1時間前に、ナブルス市から行政拘留に移送されたと述べた。

行政拘留は、公正で適正な裁判の法令に反して、行政命令により権限を与える告発も裁判もない拘留である。

アルアフラルの長、フォアド・アルハフシは、火曜日、イスラエル軍が、エライウェの事例を、彼の弁護士、ファレス・アブアルハッサンに伴われ、裁判所に提起したと確認した。裁判所は、翌日のエライウェ解放を命じた。

しかしながら、イスラエル諜報機関が、エライウェの弁護士が裁判所を離れた後、裁決を覆すよう訴えて、裁判所は、行政拘置所に囚人を4ヵ月の移送とした。

アルハフシは、イスラエル諜報機関が囚人の精神を故意に破壊しようと企てると申し立て、実際、ハンガーストライキの前以上に使用しているように見えるとき、行政拘留政策停止に、軍が本当に合意したのかどうか疑問を呈した。

イスラエル刑務所行政と囚人最高委員会が、5月14日、合意に署名して以来、25を超える事例が行政拘留に移送されてきた。

原文:International Middle East Media Center


 イスラエル刑務所行政と囚人最高委員会の合意は以下の通り:詳しくはアーカイヴ記事で:
書面にされた合意は、5つの主要条項を含む:
● 囚人は、合意の署名に続き、ハンガーストライキを終了するものとする;
●「安全」の理由での囚人の長期の隔離使用を終了し、囚人19人は、72時間以内に隔離から移動されるものとする;
● ガザ回廊の囚人の第1度近親者(親子兄弟姉妹)と、曖昧な「安全理由」に基づき訪問が否定されてきた西岸の家族の家族訪問は、1ヵ月以内に回復するものとする;
● イスラエル諜報機関は、日々の状況を改善するため、IPSと囚人たちの間の会合を促進する組織された委員会の存在を保証する;
● 行政拘留が基づく秘密ファイルが、「非常に重大な」情報を含まない限り、現在行政拘留中のパレスチナ人308人に関し、新たな行政勾留命令、あるいは行政勾留命令更新はないものとする。

アーカイヴ:歴史的パレスチナ大規模ハンガーストライキを終了させたイスラエルの譲歩の詳細が明らかになる(05月19日)


posted by mizya at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。