2012年05月31日

イスラエルがパレスチナの子どもたちの刑務所での食事数を減らす

2012年05月28日月曜日

イスラエルの刑務所の子ども拘留者たちは、毎日彼らが受け取る食事の数を2回に減らした、彼らに対する「飢餓政策」実施で、刑務所行政を非難した。

Telmond「El-Sharon」刑務所の未成年者たちとの会談の後、パレスチナ囚人協会弁護士、アンワル・アブラフィは、「イスラエル刑務所のパレスチナ未成年者たちの状況は、彼らを故意に制約し、彼らから基本的権利を奪う管理により採用される政策と手順のため非常に悪い」と語った。法規が、囚人は1日に3食を受け取るものとすると述べるにも拘らず、アブラフィは、イスラエルが獄中に捕らえている子どもたちに、2食しか与えていないと確認した。

弁護士によれば、子どもたちは水を熱するいかなる設備もないことに不平を漏らした。彼らはまた、イスラエル当局による囚人たちへの攻撃が続いていると言及した。ひとりの拘留者、ダウド・アブスベイタンは、先週、エルサレム中央裁判所に移送される間、治安部隊により酷く殴られた。

原文:Middle East Monitor


 無辜の子どもたちを脅したり拷問したりして「石を投げた」との「自白調書」を取って拘束していることを、わたしたちは知っている。罪があろうとなかろうと、「前科者」の烙印は、子どもたちが成長してからも「制約」に役立つ。食事も与えたくないならば、どうせ無実なのだから、拘束しなければいいようなもの、と、誰しもが思うだろう。国際社会が、イスラエルの暴力から眼を背けている間に、彼らは暴力に麻痺し、自らが暴力を犯していることさえ気づかなくなってしまっている。だから暴力はエスカレートする。わたしたちはいつまで眼を背けているのだろう...


posted by mizya at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。