2012年06月02日

HRW:タミミの有罪判決は集会の自由の権利侵害

2012年05月29日火曜日

131970_345x230.jpg
ラマッラ近くのオフェル軍事法廷で裁判のバッシム・タミミ (MaanImages/PSCC, HO)

ベツレヘム (Ma'an) -- 違法デモンストレーションを主導したパレスチナ活動家、バッシム・タミミのイスラエル軍事法廷の有罪判決は、集会の自由の彼の権利を侵害すると、火曜日、ヒューマン・ライツ・ウォッチ (HRW) は語った。

子どもの供述に基づく、石を投げるように子どもに促したとする5月20日の彼の有罪宣告はまた、彼の裁判の公正について重大な懸念を投げかけると、ニューヨーク拠点の集団は語った。

「イスラエル軍当局は、平和的抗議を主導するだけの活動家への有罪判決を正当化するのは困難と知っているように見え、したがって、彼らは明らかに、彼はまた子どもたちに石を投げるよう奨励したとの証拠を創作する抑圧的手法を使った」と、HRW 中東副ディレクタ、ジョー・ストークは語った。

「イスラエル軍事裁判システムは、バッシム・タミミに対するその裁決で、それ自体(軍事裁判システム)を告発した」と、彼は語った。

(略)

法廷は、5月29日、タミミに、彼が既に務めた(留置されてきた)13ヵ月の禁固刑、同様に17ヵ月の執行猶予を判決した。

2011年の同様の事例で、イスラエル軍控訴裁判所が、非-暴力抗議のパレスチナ主唱者、アブダッラ・アブラフメに、禁固16ヵ月を判決した。

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:バッシム・タミミ裁判での目撃者たち:ぼくたちは尋問者らにより、彼に罪を負わせるよう指図された(2011年12月03日)

     :アブダッラ・アブ・ラフマがついに解放 + ヴィデオ(2011年03月21日)


posted by mizya at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。