2012年06月05日

2000年以来パレスチナの子ども1,456人がイスラエルにより射殺された

2012年05月31日木曜日

国際「子どもの日」、6月1日に符合して、パレスチナ情報省により発表された数が、2000年後半に始まったアクサー蜂起以来、イスラエルにより、パレスチナの子ども1,456人が射殺されたと示した。省は、パレスチナの子どもたちすべてが、まだ、被占領パレスチナ領域の至る所で、イスラエル占領軍や違法ユダヤ人入植者らにより不断の虐待と攻撃に曝されると指摘した。何十人もが、被占領西岸でのハラスメント・キャンペーンで、イスラエルにより逮捕されてきた。

パレスチナの子どもたちは、人口の52パーセントを構成する。同様に、2000年以来、殆ど1,500人が殺され、5,000人ほどの子どもが負傷させられ、215人がイスラエル刑務所に捕らえられている;175人は2012年の始まり以来逮捕されてきた。

2010年、15歳-17歳の間のパレスチナの子どもおよそ1,000人が、その500人が被占領エルサレムで、イスラエル占領軍により逮捕された。もたらされた告発の殆どは、違法入植者の車輌への「投石」非難を中心題目とした。

(略)

全文:Middle East Monitor


posted by mizya at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。