2012年06月05日

イスラエルの「ピースキャンプ」がマドンナの「ただ券」を受け取るため再集合;イスラエルの反-占領活動家たちはノーと言う

Adam Horowitz
2012年05月31日

イスラエル・ボイコットの要請に直面して、マドンナは、今夜のテルアヴィヴ公演を「平和コンサート」に変えることで、体面を保とうと求めた。Haaretzは、歌手が「平和に関する特別法廷に参加するイスラエル・パレスチナのピースキャンプのメンバーに、テルアヴィヴでの木曜日のショーのチケット600枚を寄付した」と報じる。ふ〜ん、パレスチナ市民社会のボイコット要請を切り取ると明白に意味する申し出を、誰が取り上げるのだろう? Alternative Information Centerから:

専門家たちは、イスラエルの「穏健ピースキャンプ」の消失、クネセト(イスラエル国会)と草の根抗議での明白な消失の背後にある理由を分析してきた。しかしながら、イスラエルの深まる占領とパレスチナ人への攻撃が達成しないことを、マドンナ・コンサートのただ券がするだろう;イスラエルの「平和活動家たち」が突然、目に見える...

ペレス平和センターの長らく機能しなかったプロジェクト、平和組織パレスチナ-イスラエル・フォーラムが、イスラエル「平和」活動家と組織に、チケットを配布する責任を担った。パレスチナの権利に言及する「平和」に関するその高級パンフレットの中で「占領」のことばさえ使用しない、消滅のフォーラムの創立者たちは、昨日、官能的女との撮影の機会を持った。過去数年、これらいわゆる平和活動家らは、(彼らの多くが様々な段階で現実支持した犯罪)2006年のイスラエルのレバノン攻撃、2008年-9年のガザ回廊でのイスラエルによる虐殺、アパルトヘイト壁建設に対するデモンストレーションで、600人を動員できないできた。しかし600人が、マドンナを聞く「ただ券」との交換で、「平和」を支持すると分かった。

「内部からのボイコット」は、マドンナのショーに参加することに合意したイスラエルNGOに呼びかけを発行した。それは:

マドンナは、パレスチナ人・イスラエル人・国際人によりなされた、パレスチナのBDS呼びかけを心に留め、ここでの公演を控えるよう、彼女に求める要請の多くを無視すると選択して、イスラエルでの公演が計画される。

パレスチナ民衆に対する、続く占領とアパルトヘイトに盲目となってイスラエルで演じる全てのアーティストはまた、いつものごとく、国際法の系統的違反と普遍的に認められる人権への敬意を欠くことの継続に青(進め)信号を送り、それがビジネスの外見を維持するのを手伝っている。

マドンナは、パレスチナの権利の基本的要請について沈黙をまもるのみでなく、その代わり、犯罪的イスラエル政権の彼女の露骨な支持で抑圧者の側にある。

したがって、パレスチナの権利をまったく無視する「平和コンサート」を行うことは、イスラエルの犯罪を糊塗する露骨な試み - あなたがた組織の支援と積極的参加により成し遂げられるかもしれないのみの努力以外の何ものでもないだろう。

イスラエルのNGO殆どが、そのような再ブランド・キャンペーンを、回避するよりむしろ、援助しようとすることは、残念な状況だ。わたしたちはしたがって、あなたがたに、自由・公正・平等の側につくよう促す。これらの価値を深刻に受けとめ、平和宣伝マシーンに手を貸すのを拒絶せよ。

ただ券取引に否を述べた集団に「壁に反対するアナーキストたち」もいた。イスラエル・ニュースサイト、 Wallaから:

「壁に反対するアナーキストたち」(AATW) の活動家たちは、彼らがラマトガン・スタジアム(明日)でのマドンナのコンサートに招待されたと分かり驚いた。(略:重複情報なので)

AATW活動家たちは、(占領)領域のパレスチナ人が直面する状況のため、招待受諾を拒絶すると発表した。「わたしたちの友人たちは、屋根なき刑務所にあり、最も基礎的権利を否定される」と集団の活動家たちは語った。「わたしたちの友人たちは、移動の自由を阻む隔離政策下に生きているので、ショーに来るのを妨げられる。仲間たちが、行政拘留に、ガザの屋根なき刑務所にあり、彼らの最も基本的権利を否定されるとき、わたしたちは、この賄賂を受諾する準備がない」。

「マドンナの興行は、これら政策から世界の注意をそらすため、国際的有名人の計画的使用の例のひとつに過ぎない」と、集団は付け加えた。「マドンナの登場は、アパルトヘイトに同意する表明に等しい」。

(略)

シェイフ・ジャッラ連帯運動もやはりノーと語った:

東エルサレムのシェイフ・ジャッラ地区で活動する連帯運動は、「イスラエルの政策とその指導者らを支持すると一度ならず表明したマドンナが、平和コンサートをしたいとき、いかなるコンサートの『平和』のことばも彼女は無意味にする。パレスチナ人がその下で生きる占領も、イスラエル政策により実施される特権と分離の制度も、実際彼女は知らないのに、宣伝活動で、中東の和平を促進するとして彼女を提出するためのゴム印として役立つよう、わたしたち活動家に、彼女は求めている。わたしたちは、パレスチナ人の背後で広報のイチジクの葉として行動することを拒絶する。これは、わたしたちがそのために闘っていることでない」と述べ、そのメンバーがチケットを拒絶すると発表した。


全文:Mondoweiss


posted by mizya at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。