2012年06月08日

囚人取引のその後 - 2題

イスラーム国会議員団:占領(勢力)が囚人合意を放棄し続ける
2012年06月04日

被占領西岸、(PIC)-- イスラーム国会議員団は、イスラエル占領(勢力)が、まだ、ことさら、国会議員メンバー、元大臣、他の囚人たちを含む、囚人の行政勾留に関する最近の更新で、囚人に関する最後の合意を放棄すると確認した。

議員団は、ことさら第4ジュネーヴ条約、国際規範と協定のこの違反に向けた国際的沈黙への驚きを表明し、占領に合法性がないので、イスラエル裁判所の裁決すべてが違法と述べ、違法な行政拘留を声明で非難した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

パレスチナ拘留者が新たなハンガーストライキを警告
2012年06月04日月曜日

ハンガーストライキ77日目の、しかし火曜日に解放される予定のパレスチナ人拘留者の父親は、イスラエルがその約束を果たさないなら、彼の息子は、食物と水すべてを拒絶するだろうと語った。

ターエル・ハラフレは、いわゆる行政拘留下、裁判のない継続的投獄に抗議してストライキに入った。

ハラフレは、先月、イスラエル刑務所のパレスチナ人2,000人以上の大規模ハンガーストライキ終了のため取引が合意されたとき、ストライキを停止した。

取引下、イスラエルは、その苛酷な行政拘留 - 人権集団が国際人道法違反と看做す - 使用を縮小し、同様、囚人すべてに親族訪問を許可し、条件を改善すると約束した。

パレスチナは、多数の行政拘留裁決が更新され、イスラエル当局の約束不履行を非難した。

ターエルの父親、アジズは、彼が、息子が火曜日に解放されると確信しないと語った。

「わたしたちは、明日、ターエルを解放するその約束への、占領(勢力)の言質に関して、懸念を持っている。これまで、イスラエルは約束を完全に守るとは限らなかった」と、彼は語った。

(略)

全文:alakhbar


posted by mizya at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。