2012年06月12日

政府は訊ねられた:なぜ「堕落」のG4Sにオリンピックの警備処理を許すのか?

ドナルド・マッキンタイアが、西岸の「違法」ユダヤ人入植地でも業務する企業をめぐる増大する論争を明らかにする

ドナルド・マッキンタイア
2012年6月08日金曜日

政府は、ロンドン2012の警備を運営するために選ばれた企業による、被占領パレスチナ領域内のイスラエル人入植地で提供される業務に関して、来週、議会で挑まれるだろう。

「オリンピックの警備と現金業務の公式提供者」として指定されたG4Sは、英国により - そして競技に代表が参加する他の国殆どすべてにより - 国際法において違法と看做される、西岸と東エルサレムのユダヤ人入植地でもまた業務する。

著名なビジネスマンで労働党同僚、Hollick卿は、月曜日、英国拠点の企業が、西岸の違法入植地で保安業務を提供しないと確実にする措置を講ずるよう、大臣たちに求める書面の質問を棚上げするだろう。「世界の主導的国際警備解決集団」と自らを広告するG4Sは、オリンピックのため、既に10,400人の新規従業員を雇った。

その動きは、首相、ベンヤミン・ネタニアフが継続を決定したイスラエルの入植地拡張に対する新たな国際的非難に続く。今週彼は、- 米国により即座に非難された - 最高裁判所により撤退が命じられた、30家族を収容する前哨基地撤退の補償に、西岸にさらにユダヤ人住宅850戸を建設する計画を発表した。

ウィリアム・ヘイグは、4月、「系統的で違法なイスラエル入植地活動は、二国家解決の実行可能性に対する最も著しく実際の脅威を持ち出す... イスラエル政府の政策は、国際法下、違法で、非生産的、不安定にするもので、挑発的だ」と語り、入植地を繰り返し非難してきた。

G4Sは、西岸の軍事検問所いくつかへの、検査設備の供給と維持保全で既に非難されてきた。企業はまた - 子どもたちを含むパレスチナ人拘留者が、留置され裁判される刑務所と軍事法廷を収容する - ラマッラ近くのオフェル複合施設と、エルサレムと大入植地、Maale Adumimを繋ぐE1回廊の西岸警察本部に、保安システムを提供する。後者の建設は、米国のブッシュ政権を含む国際社会により強く反対された。

圧力への応答で、企業は、2015年前にその過程を完結することはできないだろうと語りつつも、オフェル、検問所、西岸警察本部を見張る契約から「退去」すると決定した。しかしながら、企業は、入植地で経営するイスラエルの小売商人や銀行との契約が、ホームセキュリティ・システムいくつか同様、そのまま残るだろうと語る。G4Sは、西岸の小売りや他の商業施設に警報装置を設置・維持管理し、「輸送や小売店鋪内に、品目の窃盗を防ぐ」ため「少数」の警備員を提供する。

(略:長い、G4Sが撤退しない、イスラエル・スーパーマーケット・チェーンとの契約など、あるいは告発も裁判もない行政勾留に対し、ハンガーストライキしたパレスチナ囚を収容するイスラエル国内の刑務所への業務提供)

イスラエルのNGOいくつかは、イスラエルでのパレスチナ囚投獄が、第4ジュネーヴ条約の被占領地からの囚人の移送禁止に違反すると指摘する。イスラエルの最高裁判所は、そのような移送に関する国際法を無視して、国内法 - 拘留を管理する有事規定 - を長く維持してきた。

(略:長い)

抗議者70人ほどが、イスラエル刑務所を含む様々な場所でのその「恐ろしい人権履歴」に対し、昨日、企業の年次総会の外でデモンストレーションした。

全文:The Independent


posted by mizya at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。