2012年06月13日

国連公使:入植地すべてが国際法に反する

2012年06月07日木曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 木曜日、中東和平プロセス国連特別調整官が、被占領パレスチナ領域の入植地は違法であるという国際社会の見解を繰り返した。

声明で、ロバート・セリーは、「パレスチナの個人所有の土地であろうと、被占領パレスチナ領域の他のどこであろうと」イスラエル入植地は、国際法に反すると述べた。

被占領西岸に深くくい込むBeit Elでの300戸追加を含む最新の発表を、「非常な厄介ごと」と、特別調整官の声明は述べた。

彼は、「党派が、目下の機会を捉えなければ、彼らは、その含むところが、二国家解決に向けた進展を遅めるばかりでないと理解すべきである。代わりにわたしたちは、アラブ和平イニシアティヴの精神に於ける地域和平からさらにわたしたちを遠のかせるだろう、一国家の実現に向けた方針に移り得る」と、安全保障理事会への最近の警告を繰り返した。

イスラエルは一方、ベンヤミン・ネタニアフ首相に怒る入植者ら懐柔を目論んだとみえるプロジェクト、さらなる入植者住宅851戸を建てる計画への米国の批判を無視した。

「彼らは非難する必要があり、我々は建設する必要がある」と、建設・住宅大臣、Ariel Attiasは、Army Radioに語った。

入植者、議会と彼の右翼リクード党の入植者支持者らを威圧して、ネタニアフは、西岸のパレスチナ民間所有地の入植者住宅すべてを「合法化」する超国粋主義議員らによる企てを覆した。

法案は、最高裁判所が、Beit El入植地のパレスチナ地域に建てられたアパート5戸の建物の、7月1日までの撤去を命じた後、提案された。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。