2012年06月14日

難民キャンプで逮捕された元イスラエル軍人はイスラエル市民権を放棄したい

2012年06月11日月曜日

PNN

tumblr_m4sl41t9ah1ro79hyo1_1280_340_220.jpg

旧ソ連から移住したイスラエル人、Andre Pshenichnikovは、ベツレヘム近くのドゥヘイシャ難民キャンプで2ヵ月過ごした後、IDF(イスラエル国防軍)により逮捕され、キリヤト・アルバ入植地の警察署に8日間拘留された。

彼は、警察の尋問官らに、イスラエル市民権を放棄し、代わりにパレスチナの市民権を得るため、イスラエルとの関係すべてを断ちたいと告げた。結局彼は、制限条件下で釈放され、彼に対する法的手続きの終了まで、西岸の「A」エリアに入るのを禁じられた。彼は、軍令下、イスラエル人に禁止されるこれら「A」エリアに入ったことで起訴された。エルサレム簡易裁判所と地方裁判所での訴訟手続きのいくつかで、検察当局代表団は、Pshenichnikovがパレスチナ解放人民戦線 (PFLP) に加わったと力説したが、結局その告発を取り下げた。彼に対して提出された起訴に関して、Pshenichnikovは、エルサレムの弁護士、Andre Rosenthalにより代理される。

Andre Pshenichnikov、23歳は、当時ソ連の一部だったタジキスタンに生まれた。子どもの頃、彼の家族はロシアに移った。彼は、13歳のときにイスラエルに来て、3年間の義務的軍務を終えた後、IDF通信隊に入り、職業軍人の条件下で追加の一年半を務めた。

その数年で、彼の見解は、完全に覆され、中東での西側勢力の利益代表としてイスラエル国家が務め、シオニスト運動が、ユダヤ教を冷笑的に利用してきたと結論した。言及のごとく、これが、彼が流暢なアラビア語で共に話したパレスチナ人たちと接触する結論ヘと導き、ドゥヘイシャ難民キャンプに住むつもりで、イスラエル市民権を取り消し、代わりにパレスチナ市民権を得ようと模索している。

原文:Palestine News Network


 極右政党「我が家イスラエル」の設立者で、殆どの国から相手にされない、現イスラエル外務大臣も、旧ソ連生まれの移民、そして彼の政党もやはり旧ソ連からの移民に、その選挙基盤を支えられる。Andre Pshenichnikovとの違いは歴然だが、この距離は何だろう...


posted by mizya at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。