2012年06月19日

エジプトがカタールの燃料をイスラエル・ターミナルに許可

2012年06月14日木曜日

アリーシ、エジプト (Ma'an) -- エジプト政府当局は、木曜日、ガザへのカタールの燃料を、アルオジャ検問所経由で許可し続けた。

検問所のパレスチナ代表、オマル・ハドゥフドゥは、エジプト当局が、トラック8台分の燃料 -- およそ400,000リットル -- を、イスラエル側を横切ることで許したと語った。

先立って、エジプト政府関係者は、積み荷を遅らせたイスラエルを非難した一方、パレスチナは、カイロに遅れの責任があると語った。

ガザ唯一の発電所は、水曜日、カタールの積み荷が遅れ、燃料を使い果たしたので、止まった。

先週、イスラエル当局は、燃料搬入を許す例外として、アルオジャ検問所を開いた。

原文:Ma'an News Agency


 ムバラク政権が倒れて喜んだのもつかの間、結局、ムバラクの基盤だった軍事政権を倒さなければ何も変わらない。世界(イスラエルと米国を除く)が望むのは、ガザとエジプトの国境、ラファ・ターミナルを経由して物資がガザに搬入されること、イスラエルによるガザ封鎖が無意味となることだ。


posted by mizya at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。