2012年06月20日

Yediot Booksの出版者へのアリス・ウォーカーからの書簡

この書簡は著者の許可で公表される。

2012年06月09日
親愛なるYediot Books出版者殿、

わたしの小説『カラーパープル』の出版を望んでくださり大変感謝します。以下の理由で、この時期、これを許可することは、わたしにとり可能でありません:ご存知のように、昨秋、南アフリカで、パレスチナに関するラッセル法廷が開かれ、イスラエルが、アパルトヘイトと、イスラエル内部の、また被占領領域両方のパレスチナ民衆への迫害で有罪と裁決されました。イスラエル人・パレスチナ人の両方から、わたしたちが聞いた証言は(わたしは裁判官でした)、破壊的でした。わたしは、アメリカのアパルトヘイト下で成長し、これ(イスラエル・アパルトヘイト)は、さらにはるかに悪いものでした。本当に、デズモンド・ツツを含め、参加した多くの南アフリカ人が、これら犯罪のイスラエル版が、長期間、南アフリカを支配した白人至上主義政権下で彼らが被ったものよりさえ酷いと感じました。

わたしが加わる、非暴力BDS(不買・脱資・制裁)運動が、状況を変えるため、イスラエル市民社会に十分な影響を及ぼすだろうことが、わたしの希望です。

(略:映画『カラーパープル』の南アフリカでの上映を待ったことなど)

あなたの国の人びとに、ことさら若い人たちに、そして、わたしが共に働く喜びを抱く、公正と平和のための勇敢なイスラエル人活動家たち(ユダヤ人とパレスチナ人)に、わたしの本が読まれるとどれほど知りたいかが、言うことです。わたしは、いつの日か、恐らくすぐにも、これが起こるだろうことを希望します。しかし、今はそのときでありません。

わたしたちは、問題に取り組み、そして待つことを継続しなければなりません。

小さな行為から公正な未来が作り上げられると信じて、
アリス・ウォーカー

全文:Palestinian Campaign for the Academic & Cultural Boycott of Israel


posted by mizya at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。