2012年06月28日

イスラエルが囚人協定を破った憤り

2012年06月21日木曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 囚人権利集団、アッダミールは、木曜日、元ハンガーストライカーの行政拘留を更新するイスラエルの決定により憤慨させられたと語った。

ハッサン・サファディは、イスラエルが告発あるいは裁判なしに彼の拘留を更新しないと約束して、5月14日、71日間のハンガーストライキを終了した。

サファディの行政拘留を6ヵ月更新するイスラエルの決定は、「囚人ハンガーストライキ委員会とイスラエル当局間の合意のあからさまな違反である」と、アッダミールは語った。

サファディは、告発なき彼の拘留に抗議して、3月5日にハンガーストライキに入った。さらに何千人もが、5月14日、囚人たちとイスラエル当局間の取引で終了した抗議に加わった。

アッダミールは、サファディの延長の宣告が、さらなる合意違反が続くだろうことを示唆する懸念を表明した。

「長期間のハンガーストライカーたちの誰あれ、示された日付に解放される保証は、今やない」。

5月14日の取引で、囚人代表団は、サファディを含む長期的ハンガーストライキにある行政拘留者5人が、期間終了の際解放されるとの、イスラエルからの明確な約束を確保したと、パレスチナ囚人協会の長、カドゥラ・ファレスはそのとき語った。

イスラエルは、投獄を要求する新たな情報がなければ、告訴なく捕らえられているパレスチナ人300人以上の行政勾留を更新しないと約束したと、ファレスは付け加えた。

イスラエルはまた、独房幽閉を停止し、ガザの囚人たちに家族の訪問を許可する囚人の要求「促進」に同意した。

アッダミールは、拘留者、ディラール・アブシシがまだ独房幽閉にあり、もうひとりの囚人が先週、隔離に移されたと言及した。

一方、イスラエルの行政勾留政策と、ガザの囚人たちが家族の訪問を許されていないことに変わりない。

原文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:アムネスティ・インタナショナルが、独房幽閉からのパレスチナ人移動は肯定的一歩だが、イスラエルは囚人の権利保護ためもっと行うべきと語る(05月19日)
     :歴史的パレスチナ大規模ハンガーストライキを終了させたイスラエルの譲歩の詳細が明らかになる(05月19日)


 アーカイヴの記事で、つまり囚人委員会とイスラエル刑務所行政間の合意成立の時点で、アッダミールは既に「イスラエルが囚人に関する合意を尊重しない経歴を持つ」と言及している。イスラエルはそのような指摘を証明することを恥じない。
posted by mizya at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277763253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。